ここから本文です

米国ドミノ・ピザの道路補修キャンペーン 広告費は何のためのコストか

11/29(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

<2019年12月7日号> 広告宣伝部門は企業の「コストセンター」だといわれる。お金を稼ぐ営業部門が「プロフィットセンター」だ。では、広告宣伝で使われるのは、何のためのコストなのだろうか。そんなことを再考させられたのが、米国のドミノ・ピザが行ったキャンペーン「Paving For Pizza(ピザのために道路を補修)」だ。 本文:1,362文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

井上 大輔 :ヤフー MS統括本部 マーケティング本部長

最終更新:11/29(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る