ここから本文です

<4マリ>菜々緒“沙羅”に運命の日、迫る!しかし“かすかな希望”も…!!

11/29(金) 19:29配信

ザテレビジョン

福士蒼汰が主演を務めるドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第8話が、11月29(金)に放送される。

【写真を見る】病院に搬送された沙羅(菜々緒)…!(「4分間のマリーゴールド」第8話より)

小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞した、キリエによる同名漫画が原作の同ドラマは、手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描く切ないラブストーリーだ。

親の再婚を機に、沙羅と共にみことの義理の兄弟となった長男・廉を桐谷健太が、末っ子・藍を横浜流星が演じる。

■ 第8話あらすじ(11月29日[金]放送)

運命の日が迫る中、寝る間も惜しんで絵を描き続けていた沙羅(菜々緒)が倒れ、病院に搬送される。命に別状はなかったが、あらためて気を引き締めるみこと(福士蒼汰)、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)だった。

ある日、仕事で海外を巡っていた花巻家の母・理津(麻生祐未)が帰国する。みことは、沙羅と結婚することを理津に報告。驚きながらも理津から祝福されるが、沙羅の死の運命のことは伝えることができない。沙羅は自ら理津に打ち明けようとするが…。

そんな中みことは、破水した妊婦の救急に駆けつける。原因不明の激痛に耐えながら「絶対にこの子を産みたい」と頑張る彼女に、手を合わせるみこと。しかし、このまま彼女が死んでしまうという最期のビジョンを視てしまう…

■ 運命を変えるかすかな希望が!!

前述のとおり“運命の日”が迫る沙羅だが、番組公式サイトなどで公開されている予告動画では「ついに運命を変えるかすかな希望が!!」というテロップも!“かすかな希望”とはいったい…?

また、番組公式SNSでは、菜々緒が第8話のみどころ紹介する動画が公開された。

動画撮影当日に8話の撮影を終えたばかりだという菜々緒は、「あと2話か…と思うと、みんながやっと仲良くなってきているのに、終わってしまうのはすごく寂しいなっていう気持ちも芽生えてきている感じです」とコメントしつつ、「打ち上げが楽しみです!」と笑顔を見せた。

SNSでは、動画を見た視聴者から「花巻家に癒されるのもあと3話か…続編やってほしい」「結末が気になるけど終わってほしくない…」など、最終回が近付くことを惜しむ声が寄せられている。

さらに、「菜々緒ちゃんが楽しみにしてる打ち上げは藍くんの手料理が出るのかな!?」というコメントも。

同作の第1話特別試写会にキャスト陣が登壇した際、一家の料理担当である藍を演じる横浜が、「いつか自分で皆さんに料理を振る舞えるようにがんばりたい」という宣言をしたことに対して、桐谷が「じゃあ、打ち上げのごはんは流星にお願いします」と頭を下げた一幕があったため、このやりとりを思い出したファンは、ドラマの打ち上げで横浜の手料理が振る舞われるのかという点に注目しているようだ。

「4分間のマリーゴールド」第8話は、11月29日(金)夜10:00より放送。

(ザテレビジョン)

最終更新:11/29(金) 19:29
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事