ここから本文です

女子ゴルフ「プラチナ世代」など黄金世代以外の注目選手

11/30(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 女子プロゴルフ界は群雄割拠の時代となっている。その中心にいるのが1998年度生まれの「黄金世代」だ。アマチュアでツアー優勝した勝みなみや畑岡奈紗をはじめ、渋野日向子、新垣比菜、大里桃子、小祝さくら、原英莉花たちがプロ1年目から結果を出した。

【写真】おちゃめな表情の稲見萌寧を撮り下ろし!

 この前後の世代にも強い選手がたくさんいる。例えば2学年下の2000年生まれは「プラチナ世代」と呼ばれ、アマチュアで優勝した古江彩佳やアマ最長タイのツアー10戦連続予選通過記録を持つ安田祐香、ツアーでのローアマ常連組の吉田優利、西村優菜が揃って今年のプロテストに合格。来年はプロとして戦うことになる。

 この2つの世代に挟まれた「はざま世代」にも、賞金シードに名を連ねる稲見萌寧がいる。「黄金世代」の1学年上には、松田鈴英、永井花奈。さらに1学年上には森田遥、三ヶ島かな、岡山絵里。さらに1学年上には今季2勝を挙げた柏原明日架がいる。黄金世代を中心に強豪がひしめいているのだ。

 高い技術を持つだけでなく、その明るさと美しさでも人気を集める彼女たち。「世代間抗争」はますます激化しそうだ。プラチナ世代、はざま世代から、実力だけでなく美貌も一級品な強くて可愛いツヨカワゴルファーたちを紹介しよう。

●柏原明日架(23)

「今年うまくいったことは、勝ったことだけですね。もちろん予選落ちが少なくなって底上げはできているとは思いますが、優勝に向かって突き進む力がまだまだ足りないと反省しています。ショートゲームが得意なので、ショット力を高めて、常に優勝争いに絡みたいですね」

 自分に厳しいことで知られる身長171センチのスレンダー美女。今年はツアー2勝を挙げたキャリアハイのシーズン。「賞金ランキングを年々上げていきたい」と締めくくった。

【かしわばら・あすか】1996年1月30日、宮崎県出身。7歳からゴルフを始め、高1でJGAのナショナルチームに選抜。2014年のプロテストに1発合格し、翌年に初シードを獲得している。プロ6年目で初優勝すると、1か月後に2勝目を挙げた。賞金ランキング10位。(富士通所属)

1/2ページ

最終更新:12/2(月) 20:03
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事