ここから本文です

チャンピオンズC 5戦5勝の3歳馬は信頼に値するのか

11/30(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 レース傾向からすれば、今週は穴党の出番だ。競馬ライターの東田和美氏が中京競馬場で行われるダートGIチャンピオンズカップを分析した。

【写真】角居厩舎はサンビスタで大穴をあけた

 * * *
 1か月前にJBCクラシック、年末に東京大賞典、明けて2月には川崎記念、フェブラリーSがあり、その他の地方交流GⅠもあって力関係の比較が難しいレースだ。1番人気は〈7 5 3 4〉と19回のうち15回は馬券圏内に入っているが、3着以内に入った1番人気15頭のうち12頭はオッズが2.3倍以下の大本命だった。

 今年は5戦5勝、2着馬につけた差が合計26馬身という3歳馬クリソベリルが1番人気になりそうだが、GⅠジャパンダートDを勝っているものの、古馬との対決は前走の日本テレビ盃が初めて。強い古馬と走った経験がないこともあってか、スポーツ紙などの予想オッズでは3倍台前半となっている。

 2番人気に予想されているのが一昨年の覇者ゴールドドリーム、以後オメガパフューム、インティ、チュウワウィザードといったところが上位人気か。しかし2番人気馬は過去1勝3着1回、3番人気も1勝2着3回3着2回。4番人気は3勝しているものの2着がゼロ。2勝2着2回の6番人気、1勝2着3回の8番人気と連対率は変わらない。2~5番人気で3着以内の馬券圏内に入ったのは57頭中17頭で、これは6~9番人気と全く同じ。3着以内に6番人気以下の馬が2頭絡んだケースが8回もある。

 臨戦過程を見てみると、3着までに入った馬のうち21頭がJBCクラシックからの参戦。以下武蔵野S10頭、みやこS8頭、南部杯5頭と、いずれも1か月以内の出走だ。今回も出走馬のうち13頭までがこの4レースから。2007年以降の勝者もJBCレディスクラシックのサンビスタも含めてすべてこのローテーションだ。9月23日以来となるクリソベリルにとっては気になるデータとなる。

 JBCクラシックの覇者チュウワウィザードは13戦8勝2着3回3着2回と、デビュー以来すべて馬券圏内。それもすべて1番人気か2番人気を背負って期待に応えてきている。少し人気を落とすことが予想される今回は、騎乗停止明けの福永騎手が、その力を引き出しそうだ。昨年の覇者ルヴァンスレーヴとは同じ年のいとこ同士という血統背景も魅力。鬼籍に入ったばかりのキングカメハメハは、今年まだGⅠ勝利がないが、ダートでも2頭の勝ち馬を出している。

 払戻金でいえば馬連が3桁(100円台)で収まったのは2回だけ。ワイドでさえも6割近くが1000円以上、三連単も15回のうち13回が2万円以上ついていて、穴党が小躍りしそうな高配当傾向。それだけ当てにくいということでもあるので、ワイド・三連複・三連単の軸馬と考えるが、人気薄のところではサンビスタの怪走が忘れられないM・デムーロ&角居厩舎のワイドファラオ、複勝率7割超のヴェンジェンスも押さえておきたい。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

最終更新:12/1(日) 8:01
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事