ここから本文です

発売前に徹底比較! 注目のコンパクトカー「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」の選び方とは

2019/11/30(土) 7:02配信

WEB CARTOP

「心地良さ」をとるならフィット

 いよいよ2020年初頭、国産コンパクトカーの未来を占う2台の超注目コンパクトカーが発売される。そう、いずれも東京モーターショー2019の期間中に発表された、ホンダ・フィットの4代目、および、トヨタ・ヴィッツ改め、トヨタ・ヤリスである。両車は同じようなクラスのハッチバックコンパクトだが、プロトタイプ、ショーカーを見る限り、新型となってキャラクターは大きく開いたように感じられる。

車名を世界統一にしたクルマが増えているワケ

 グローバルで通用する新時代のコンパクトカーであるとともに、何よりも「心地よさ」にこだわって開発されたのが新型フィットだ。歴代フィットの大きな魅力、ライバルを寄せつけない広大な室内空間、圧倒的に広い後席、シートアレンジ性、荷室の使い勝手をもたらす独創のセンタータンクレイアウトを継承しつつ、どこか柴犬を思わせる!? これまでのフィットのシャープな目つきとは異なる愛らしくほのぼのとした顔つきへと生まれ変わった。

 また、存在感を持つエクステリアデザイン、小型化した2モーターハイブリッドシステムe:HEV、ロングドライブでも疲れにくいボディースタビライジングシートなどを採用し、さらにライフスタイルやライフステージに合わせて選択できるクロスオーバースタイルのクロスターを含む全5種類もの仕様(ベーシック、ホーム、ネス、クロスター、リュクス)を用意しているあたりが大きな特徴だ。

 つまり、日常生活に寄り添う心地よさを演出する居住性、インテリアデザインもまたポイントとなる。とくに室内空間のゆとりではヤリスをしのぎ、後席の広さ、着座感、多彩かつ大空間ラゲッジスペースを出現させるシートアレンジ性などにコンパクトカーの価値を求める人向けだろう。

 もちろん、新時代のコンパクトカー、ファミリーカーとして専用車載通信モジュールによる「ホンダコネクト」を日本初搭載。コネクテッドサービス「ホンダトータルケアプレミアム」を開始するという。さらにセキュリティーアラームの作動時には、ALSOKのガードマンを現場に急行させるサービスも用意しているから心強い。ヤリスにあるヘルプネット=SOSコールも、オプションで用意されるはずである(あまり知られていないが、フィット3にもオプションで用意されている)。

1/2ページ

最終更新:2019/11/30(土) 7:02
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事