ここから本文です

アーセナル、豪華メンバー躍動も…。2004年のリバプール戦は伏兵の一撃に沈む

2019/11/30(土) 11:41配信

フットボールチャンネル

 11月28日、アーセナルはフランクフルトの鎌田大地に2ゴールを浴び、監督交代へと動くことになった。2004年の同じ日にも、アーセナルは印象的な負け方をしている。

【動画】03/04アーセナル、伏兵の一撃でリバプールに敗れる

 アーセナルは2004年11月28日にアンフィールドでリバプールと対戦。無敗優勝を飾った伝説のシーズンの次のシーズンもアーセナルは強かったが、10月24日のマンチェスター・ユナイテッド戦で黒星がつく。そして、このシーズン2敗目がついたのが、リバプール戦だ。

 スティーブン・ジェラードのパスを受けたシャビ・アロンソが鮮やかにミドルシュートを突き刺してリバプールが先制すると、アーセナルは後半に入ってアーセナルらしい細かいパスのつなぎからパトリック・ヴィエラが巧みなタッチで同点弾を挙げる。

 そんな白熱の一戦で勝負を決めたのが、リバプールのアカデミー出身のニール・メラーだった。試合終了間際、前線の競り合いでこぼれたボールをダイレクトで狙うと、強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、スタジアムのファンが熱狂に包まれている。

 プレミアリーグの公式ツイッターは、この試合のハイライトシーンを改めて紹介。当時のアーセナルとリバプール、それぞれの色が凝縮されたビッグマッチは必見だ。

最終更新:2019/11/30(土) 12:12
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事