ここから本文です

トランプ大統領のハンサム息子が急成長! 2メートル近い高身長でクールな魅力を放つ【SPURセレブ通信】

11/30(土) 20:06配信

集英社ハピプラニュース

トランプ大統領(73)とメラニア夫人(49)のひとり息子バロン(13)。2019年11月26日(現地時間)、フロリダの別荘で感謝祭を過ごすため、両親とともに空港へ向かう姿がキャッチされた。

もはや少年の面影はなし? トランプ大統領の息子バロンの写真をもっと見る

幼い頃からハンサムなルックスで知られるバロンだが、ここ数カ月の間でぐんと大人な雰囲気に。この日はジャケットからシューズまで、全身をブラックで統一。その落ち着きぶりは、とても13歳の少年とは思えない?

さらに今や身長は2メートル近くもあるとか。写真を見ても、ヒールを履いている180センチのメラニア夫人、そして190センチのトランプ大統領をも超える高さであることが分かる。

そんなバロンはエアフォースワンのタラップを上ると、両親にならって報道陣に挨拶。クールな表情で堂々と立ち振る舞う様子は、息子というより、大統領に同行する若手政治家のようにも見える!?

2016年、トランプ大統領の演説中にあくびをしたところがテレビに映り、一躍注目を集めたバロン。その後ファミリーの一員としてイベントに出席するようになると、美少年としてあらゆるメディアに取り上げられるように。

とはいえ、プライベートではまだまだ子どもらしい一面も。今年夏にはサッカー観戦に訪れ、スマホ片手に無邪気な笑顔を見せていたばかり。

不動産王から大統領になった父、そして元モデルの母にもち、一般人とは程遠い環境で育ってきたバロン。今後は、異母姉イヴァンカ(38)のようにモデル兼実業家になる可能性も? その将来から目が離せない!

Photo:アフロ Text:Kyoko Kawaguchi

最終更新:12/2(月) 10:18
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事