ここから本文です

<4マリ>菜々緒“覚悟の涙”に視聴者もらい泣き「なんて綺麗な涙…」

2019/11/30(土) 9:10配信

ザテレビジョン

福士蒼汰主演ドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金夜10:00-10:54、TBS系)の第8話が11月29日に放送された。沙羅(菜々緒)と母・理津(麻生祐未)の“母娘の絆”に感動の声が続出している。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】母の旅立ちを見送るみこと(福士蒼汰)、沙羅(菜々緒)、藍(横浜流星)たち。穏やかなワンシーンにも涙があふれる…

■ 「私が今すぐ死ねば、運命変わるでしょ」

同作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞した、キリエによる同名漫画が原作。手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との切ない恋を描く。

第8話では、カメラマンとして海外を飛び回る花巻家の母・理津が帰国した。情熱に突き動かされ行動する理津に、子どもの頃からずっと気を遣ってきた沙羅。活動の妨げになってはならないと運命についても口にできずにいた。

そんな沙羅の遠慮の壁をぶち破ったのは、理津本人だった。運命について聞いた理津は、みことに「私の運命を視て」と詰め寄り「仮に、私が何年後に死ぬ運命だろうと関係ない。私が今すぐ死ねば、その運命変わるでしょ。それが沙羅を助けることにつながるなら、沙羅が長く生きられるなら…何でもする」と、捨て身で沙羅の運命に向き合った。

理津の行動に、沙羅は打たれた。2人で布団を並べた夜、沙羅は「今本当に幸せ。お母さんの娘で。お兄ちゃんの妹で。藍のお姉ちゃんで。みことと出会えて。私、本当に幸せだよ」と素直な思いを語り、「それに、お母さんの写真が見られるうちは、絶対に死ねない」と、改めて理津の背中を押した。その目から、一筋の涙が流れた――。

理津の捨て身の行動と、沙羅の素直な思い…描かれた“母娘の絆”に感動の声が続出!SNSでは、「ああ…今日も涙腺崩壊…」「めちゃめちゃ泣けた」「母は強し、だな」「沙羅ちゃん、お母さんに抱きしめてもらえてよかったね」といった声が上がった。

さらに、演じる菜々緒と麻生にも賞賛の声が続々。「麻生祐未さんの泣きの演技、大好き」「刺さった」「菜々緒ちゃん、なんて綺麗な涙を流すんだろう」「カッコいいじゃなくて可愛い菜々緒ちゃんも大好き」といった声が続いている。

■ いよいよ“運命”の意味が明らかに…第9話あらすじ

理津の行動をきっかけに、「運命は絶対じゃない」ということに気づいたみことたち。そんなある日、沙羅の中学の同級生で小学校教師の滝沢(市川知宏)から頼まれ、みことら消防署の面々は、小学生に救急救命の講習会を行う。

一方、調理師専門学校の面接試験を終えた藍(横浜流星)は沙羅に諭され、高校卒業後離れ離れになる琴(鈴木ゆうか)に告白する。また、廉(桐谷健太)も千冬(磯山さやか)に改めて会いに行くと宣言する。花巻家みんながいい方へ向かっている様子を喜ぶみことと沙羅。

そんな中、滝沢が勤める小学校から救急要請が入る。現場に急行したみことらは、階段から落ちて怪我をした生徒・直哉(川口和空)の処置に当たるが、通報した滝沢が意識を失い倒れる。滝沢は階段から足を踏み外した直哉をかばい、頭を強打したという。みことは、滝沢に対する直哉の思いを知り、思わず滝沢と手を合わせる。しかしなぜか“ビジョン”が視えない――!

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/17(火) 12:01
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事