ここから本文です

メッシに脱帽…ドルトムントDFフンメルスが絶賛 「これまで見たなかで最高の選手」

2019/11/30(土) 21:05配信

Football ZONE web

CLバルサ戦で1-3敗戦、1ゴール2アシストの相手FWメッシに賛辞

 現地時間27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節でバルセロナに1-3で敗れたドルトムントの元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、この試合で1ゴール2アシストの活躍を見せたバルセロナのエース、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを絶賛している。衛星放送「ビーイン・スポーツ」が伝えた。

【写真】「マークは不可能」と相手DF脱帽 バルセロナFWメッシ、“ドルトムント包囲網”を粉砕する瞬間

 バルセロナの所属するグループFは今季のCL最大の“死のグループ”に位置づけられており、ドルトムントの他にもインテルなど猛者がひしめいている。ホームで迎えたドルトムント戦では、絶対的エースが別格の存在感を放った。

 この試合でクラブ公式戦700試合出場を達成したメッシは前半29分、スルーパスでウルグアイ代表FWルイス・スアレスの先制点を演出。前半33分にはペナルティーエリアでパスを受けたメッシがゴール右隅に流し込んで追加点を奪った。さらに後半22分、メッシがドリブルでボールを運ぶと、相手守備陣の裏を突くスルーパスを供給。抜け出したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがゴール右隅に沈めた。

 試合後、フンメルスは「トップコンディションのメッシは、私がこれまで見たなかで最高のフットボーラーだ。以上」と短いコメントながら、メモリアルゲームで1ゴール2アシストと大車輪の活躍を披露したメッシに脱帽した様子だった。

 また、「今日はバルセロナを負かすには十分ではなかった。たった3回か4回しか本当のチャンスを作り出せなかった。悪いゲームではなかったが、とても良いゲームでもなかった」と試合を振り返り、「バルセロナはエクセレントだった。もちろん、メッシはいつでも危険な選手」と語っている。

 メッシの活躍ぶりはフンメルスにとってもインパクトが大きかったようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/11/30(土) 21:17
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事