ここから本文です

鎌田大地、アーセナル戦2ゴールの活躍をクラブ幹部が大絶賛 「信じられない」

2019/11/30(土) 6:40配信

Football ZONE web

ELアーセナル戦で鎌田が2ゴール、2-1逆転勝利の立役者に

 フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地は現地時間28日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)第5節アーセナル戦で2ゴールを挙げ、2-1の逆転勝利の立役者となった。クラブのスポーツダイレクターを務める元ドイツ代表FWフレディ・ボビッチ氏は、鎌田のプレーに対して「信じられない」と語り、素晴らしいパフォーマンスを称賛している。ドイツ誌「キッカー」が報じた。

【動画】 鎌田大地、アーセナルから奪った左足一閃の強烈なEL初ゴール

 同僚の元日本代表MF長谷部誠とともにフル出場した鎌田は、前半にアーセナルにリードを奪われたなか、後半10分に右サイドからパスを受けると反転し、DFをかわして左足でゴール。EL初得点で同点弾を奪うことに成功した。そして、これだけで終わらなかった鎌田は、同19分にCKのこぼれ球に対して右足を一閃。ゴール左下へ沈める逆転弾を奪取すると、これが決勝点となりチームを勝利に導いて見せた。

 この大活躍を手放しで称賛したのが、スポーツダイレクターを務めるボビッチ氏だ。ドイツラジオ局「RTL」の取材に答えたボビッチ氏は、これまで力強いパフォーマンスを見せながらもブンデスリーガやELでチャンスを逃しがちだった鎌田が、アーセナル戦で2ゴールを奪ったことに熱狂。「これは小さな回答かもしれないけど、青年は非常に多くのクオリティーを持っている。信じられない活躍だよ」と語り、鎌田に賛辞を送っている。

 鎌田の活躍で最終節を前にグループリーグ2位に浮上したフランクフルト。12月12日に行われるホームでの最終節ギマランイス戦に勝利すれば、他会場の結果に関係なく決勝トーナメント進出が決まる状況となっている。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/11/30(土) 6:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事