ここから本文です

スポーツジムを「すぐ辞める人」が改善すべき3つの特徴

11/30(土) 8:46配信

bizSPA!フレッシュ

 寒い時期になると、新忘年会など暴飲暴食の機会が増えてしまい体型が気になる人も多いでしょう。実際にスポーツジムは身体を露出する夏前と年末年始の前後は入会率が高いです。

 しかし、スポーツジは、流行りやヤル気が大きく左右するコンテンツでもあり、入会が増えると退会も増えてしまう業界でもあります。

 なるべく長く続けて良い身体をキープしていただくために、今回、すぐに「ジムを辞めちゃう人の特徴」をご紹介します。

① 遠くのジムに通おうとする

 某マンツーマンパーソナルトレーニングジムの流行をきっかけにスポーツジムの業態は様々となりました。ボクササイズ専門や暗闇バイクレッスン専用など多種多様であり、どのジムもセンセーショナルな内容ばかりです。

 しかし、どのジムもその場所へ実際に通わなければなりません。そこで大切になるのが立地です。WEBアンケート調査を行う「インターワイヤード株式会社」が2012年に調査したデータによると、スポーツジムに通う人の入会理由、決め手で最も多かったのが「通いやすい場所にある」でした。

 また、利用しなくなった人の理由も、もっとも多いのが「時間が合わなかった・時間がなかった」で5番目には「通いづらい場所だった」と出ています。

 情報コンテンツとは違い、実際に出向いて自分の体を動かさなければならないジムワークにとって生活リズムの中で通いやすい場所にある必要性はとても重要です。

② ルーティンが確立しない

 期間限定で予約制のパーソナルトレーニングジムが流行した現在ですが、それでも主流は月額定額制システムです。

 最近では24時間タイプが多くなり、以前よりも幅広い時間に利用することが可能になりました。しかし、この手軽さが落とし穴になる事もあります。

「いつでもいける」という感情は「いつでもいいや」という感情に陥りやすく、かえって熱意が冷めてしまいやすい傾向にあります。

 時間に制限があるのに月額1万円代が当たり前だった一昔前に比べると、24時間使えて財布に優しいジムが増えたのにも関わらず、私たちのメンタルの弱さが仇となってしまうパターンも少なくありません。

1/2ページ

最終更新:11/30(土) 8:46
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事