ここから本文です

“今年一番輝いていた女優”、テレビマンが挙げた5人の急上昇株

2019/11/30(土) 8:52配信

週刊SPA!

 2019年も数多くのドラマが放送された。近年、視聴率低下から“ドラマ離れ”が叫ばれている一方で、AbemaTVや配信ドラマ、さらにSNSドラマなどが登場し、コンテンツの数でみると増加傾向に。そんな中で、今年もヒットドラマが何作も誕生した。

『あなたの番です』(日本テレビ系)や『凪のお暇』(TBS系)はSNSとの親和性の高さや見逃し配信などで話題になった作品。また、『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)のような重厚なドラマや月9のイメージを変えた感動作『監察医 朝顔』(フジテレビ系)などが評価されて高視聴率をマークしたのも印象的だった。

 こうしたヒット作をはじめ、話題となった作品すべてに共通していたのは、演技力の高い実力派の女優が出演していたということだ。

 そこで今回は、今年頭角を現した若手女優や今までは違った存在感を見せた人気女優など“今年スゴかった女優”をさまざまな業界人に独自の切り口で語ってもらった。

サイコな演技で大ブレークの奈緒、庶民派の代表格・多部未華子

 まずは、キー局のドラマ制作会社で働き、現在はフリーのプロデューサーA氏に聞いてみた。

「全くの無名に近い状態からのブレークでいえば、『あなたの番です』(日本テレビ系)で尾野幹葉を演じた奈緒さんでしょう。他人のボタンを舐めたり不気味に笑ったりするサイコキャラを見事に演じていましたからね。清純な役もできそうですし、来年中に深夜枠で主演クラスの話もあると聞いています」

 さらにA氏は、すでに人気を誇っている女優の名前も挙げた。

「『これは経費で落ちません!』(NHK)で主人公のアラサー女子・森若沙名子を演じた多部未華子さんの評価が爆上がり中です。『デカワンコ』『ヤスコとケンジ』(いずれも日本テレビ系)など、かなり変わった役どころが多い女優でしたが、今回は堅物で奥手のOL。視聴者に共感してもらえる素朴さを残しつつ個性も出していたのが、さすがでしたね。今後、お仕事モノドラマをやるときの第一候補は多部さんになっていると思います。綾瀬はるかさんや石原さとみさんでは、どうしてもコメディになってしまいますから(笑)」

1/2ページ

最終更新:2019/11/30(土) 8:52
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事