ここから本文です

日本の投手力の高さが際立ったプレミア12【立浪和義の超野球論】

12/1(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

つなぎを意識した人選

序盤の不振から立ち直り、決勝では逆転3ランも放った山田[中央]

 プレミア12で日本は優勝を飾りましたが、一番の勝因と感じたのは、投手力の高さです。アメリカや中南米のチームはマイナーの選手がほとんどでしたが、強い球をしっかりと制球し、それぞれ自分の仕事を全うしていたと思います。

 打線には関しては、なかなか点の入らない重い展開が続きましたが、これは国際大会ではいつものことでもあります。稲葉篤紀監督も、そのあたりは十分に分かっていたのでしょう。チームの軸に巨人の坂本勇人選手、楽天の浅村栄斗選手、西武の秋山翔吾選手と確実性の高いバッターをそろえ、秋山選手が故障で抜けたあとも、追加招集は巨人の丸佳浩選手でした。辞退者も多かった中での選択ではありましたが、重量打線というよりは、確実性の高い選手を置き、打線のつなぎを重視していこうという意図を感じました。

 ソフトバンクの周東佑京選手もよかったですね。もちろん、彼の持つ高いスキルと修羅場に動じぬメンタルがあってこそですが、足というのは、こう着した場面を一変させる力があります。彼の使い方を見ていても、稲葉監督が・・・ 本文:1,314文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:12/1(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る