ここから本文です

25回目を迎える「神戸ルミナリエ」が12/6から開催!高さ21mの巨大ドームも初登場【兵庫】

12/1(日) 16:15配信

じゃらんニュース

阪神淡路大震災を機に、鎮魂と追悼と街の復興を願って毎年開催されている神戸ルミナリエ。25回目を迎える今年の作品テーマが、「希望の光に導かれて、25年」に決定しました。開催期間は2019年12月6日(金)~15日(日)の10日間。
今回は初回開催時の白熱電球が復活。会場には震災語り部ブース、飲食ブース34店舗の他、公式グッズや銘菓を販売するブースが登場する予定です。そのほかジャズなどのステージや兵庫・神戸のグルメイベントも行われます。「第25回 神戸ルミナリエ」について詳しく紹介します。

作品テーマは「希望の光に導かれて、25年」

阪神淡路大震災の鎮魂と追悼のためにスタートした神戸ルミナリエ。「旧外国人居留地」および「東遊園地」で開催される本イベントは、今では神戸観光を代表するイベントの一つです。
25回という節目を迎えた神戸ルミナリエの今回の作品のテーマが「希望の光に導かれて、25年」に決定しました。作品には約50万個の電球が使われるそうです。

注目ポイントは、ルミナリエ史上最大級のドーム!

今年の神戸ルミナリエの見どころをお伝えします。
●ルミナリエ史上最大級のドーム設置
東遊園地の広場に毎年設置されている光の聖堂(カッサアルモニカ)を包み込む、高さ約21mの巨大ドーム状の作品が初めて設置されます。また「慰霊と復興のゾーン」では「1.17希望の灯り」が今回初めて高さ約4mのアーチで飾られるそうです。
●あたたかさを感じる白熱電球の復活
25回を記念した特別な演出として、伊藤町筋から東に向かう一角を「メモリアルゾーン」に設定。初回開催時に使用していた白熱電球による壁状の作品が展示されます。白熱電球の光はあたたかく、ぬくもりが感じられるところが魅力です。
●花時計広場では幻想的な作品が登場
東遊園地南側の花時計広場には、藤棚に沿って点滅する「スパッリエーラ」が登場。この作品では、音楽に合わせて光が躍動するように点滅し、幻想的な雰囲気が体験できます。このほかにも、来場者を会場へ誘導する小作品やフォトスポット作品設置が予定されています。
●体験を風化させないために語り部ブースが設置
「慰霊と復興のゾーン」に「震災語り部ブース」が開設されます。月日が流れ阪神淡路大震災を経験していない世代の来場も増える中、神戸ルミナリエが始まった理由や趣旨の理解を深め、震災経験者の話をリアルに伝えます。
●継続開催のための100円募金を実施
神戸ルミナリエが、今後も多くの方の理解と協力に支えられて継続して開催できるよう、会場では「一人100円募金」が行われます。
■第25回神戸ルミナリエ
[開催期間]2019年12月6日(金)~15日(日)
[開催時間]点灯時間【月~木】18時頃~21時30分【金】18時頃~22時【土】17時頃~22時【日】17時頃~21時30分
※混雑状況により点灯時間が繰り上がることがあり、特に土・日は薄暮時に点灯する可能性があります。また荒天の場合、点灯を見合わせることがあります
[開催場所]旧外国人居留地および東遊園地(神戸市中央区)

まとめ

今年で25回目を迎える神戸ルミナリエは、大震災の鎮魂と追悼、神戸の復興が目的のイベントです。今回のテーマは「希望の光に導かれて、25年」。今年はぬくもりが魅力の白熱電球が復活し、巨大なドーム状の作品も設置されます。
また、震災体験を風化させないために震災語り部のブースが開設され、イベント継続のための「一人100円募金」も行われるそうです。この機会に神戸を訪れ、ルミナリエの趣旨を改めて理解するのもいいかもしれませんね。
■第25回神戸ルミナリエ
情報提供元/一般財団法人 神戸観光局
※この記事は2019年10月時点での情報です

最終更新:12/1(日) 16:15
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事