ここから本文です

【ムエタイオープン】UMAが喜入衆をKO、2連続初回KOで2冠王に

2019/12/1(日) 22:52配信

ゴング格闘技

MuayThaiOpen47
2019年12月1日(日)東京・新宿FACE

▼第12試合 ルンピニージャパン・ウェルター級タイトルマッチ 3分5R  
×喜入 衆(NEXT LEVEL渋谷/王者)
TKO 1R 1分54秒 ※セコンドからのタオル投入
〇UMA(K&K BOXING CLUB/REBELS 67kg級王者/挑戦者)
※UMAが新王座に就く。喜入は4度目の防衛に失敗。

【写真】UMAのハイキックが炸裂

 王者の喜入は2001年プロデビュー、今回で69戦目となる大ベテラン。これまでJ-NETWORKスーパーライト級王座、初代MuayThaiOpenウェルター級王座(現在3度の防衛に成功)、ルンピニージャパンウェルター級王座(現在初防衛に成功)と3本のベルトを獲得している。

 UMAはトリッキーな蹴り技を武器にREBELS黎明期から活躍し、他団体にも乗り込んでいってトップ選手から勝利を収めている。10月のREBELSでは初回KO勝ちでREBELS 67kg級王座に就いており、2試合連続でのタイトルマッチとなった。

 1R、サウスポーのUMAの蹴り技を警戒してか、喜入は組み付いて密着してのヒザ蹴り連打。離れるとUMAがパンチで喜入を追い詰めていき、左ヒジ打ちでダウンを奪う。

 立ち上がった喜入に飛びヒザ蹴りを連発するUMA。喜入はバックハンドブローで対抗するが、パンチ、ミドル、ヒザで前へ出るUMAが左ハイキックで吹っ飛ばし、左ヒザ蹴りをアゴに突き上げてダウンを追加。セコンドからタオルが投入され、UMAが圧巻のKO勝ちで新王座に就いた。

 UMAはマイクを持つと「最後まで見てくれてありがとうございました。皆さんあっての大会だと思っています。北海道から出てきてクロスポイントさんの恵まれた環境でやらせてもらって感謝しています。来年は大きな舞台でメインでできるように頑張っていきます」と、笑顔満開でさらなる飛躍を誓った。

最終更新:2019/12/1(日) 22:52
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事