ここから本文です

【試乗】ジャガーIペイスはEVならではの軽快な走りが楽しめる、これこそ新世代SUVだ!

2019/12/1(日) 12:01配信

Webモーターマガジン

大容量リチウムイオンバッテリーを床下に収納

アウディeトロンやメルセデスEQCを見るまでもなくSUVとBEV(バッテリー電気自動車)の相性はとてもいいと言えるだろう。今回はそんなSUV+BEVをいち早く日本へ導入したジャガーIペイスに2日間試乗した。(Motor Magazine 2019年12月号より)

【写真】サイドビューやインパネ、メーターなどを見る

日本ではバッテリー電気自動車(BEV)がかなり早くから街を走っていた。それは三菱のi-MiEVや日産のリーフである。今でこそリーフは、WLTCモードで458kmまで航続距離を伸ばしているけれど、デビュー当初は、実際の航続距離が100km程度で、BEVの航続距離についてのイメージは「ロングドライブには向かない」という印象が残っている人も多いだろう。
しかし今なら、近距離向けのBEVがあってもいい。最近そう思えるようになったのは、より大容量のバッテリーを搭載し航続距離400kmオーバーのインポートBEVがすでに日本上陸、もしくは導入を控えているモデルもあるからである。性能も個性も異なるBEVが増えるほどユーザーにとっては選ぶ楽しみも増すだろう、とジャガー初のBEVとなるIペイスをジックリと試乗してますます思ったのだった。

Iペイスは90kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを床下に搭載し、航続距離はWLTPモードで最長470km。最大効率97%を発揮するというジャガー製モーターを前後に一基ずつ計ふたつ備え、合計最高出力400ps、最大トルク696Nmを発生する。0→/100km加速は4.8秒だそうだ。

ボディにはIペイス専用アルミニウムアーキテクチャーを採用。この軽量なアルミニウムボディ構造とアルミニウムフレームで保護されたバッテリーパックとの組み合わせ、そしてレイアウトにより前後重量配分を50対50とし、ジャガー史上もっとも優れたねじり剛性を実現しているという。

今回はそんなIペイスでロングドライブをする機会を得た。エンジンを搭載する必要のないBEVはその分、デザインにも自由度がありペイスはキャブフォワードなスタイルが特徴だが、だからといって特別にBEVを意識させるわけでもない。しかしこのデザインはとても個性的だ。バッテリーを床下に配置しパワートレーン系を含むパーツ点数も少なくていいBEVの居住スペースはFペイス以上の広さが得られるというメリットもあり後席のスペースもたっぷりある。

運転席に移ろう。カラフルで視認性に優れる液晶メーターパネルはドライバーが欲しい情報を選び表示することができる。なかでも常にチェックできるのがバッテリー残量と航続可能距離だ。この日、スタート時のバッテリー残量は2/3ほどで航続可能距離は229km。阿蘇くまもと空港から目指す先は福岡市内で、予めナビにルート設定された試乗コースの走行距離は165km。

道中は阿蘇の外輪山を走る風光明媚なドライブルートで知られるミルクロードをはじめ、カーブやアップダウンも多いルートと高速道路を走る。ミルクロード経由のドライブは初めての道ではなくドライブがとっても楽しいルートなのだが、あまり余裕が感じられないバッテリー残量と航続可能距離に一抹の不安を抱いたというのが本音である。ただし事前に予想以上に充電施設があることがわかり、安心感はあったが、そうした心配は杞憂に終わった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/1(日) 12:01
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事