ここから本文です

かぼちゃの「種」がもたらす健康効果!

2019/12/1(日) 21:00配信

ウィメンズヘルス

使い勝手が良い小さなかぼちゃの種は、どんな料理にも加える価値があるという。

驚くほど用途の広いかぼちゃの種は、マグネシウムや亜鉛、良質な脂質など、さまざまな栄養素が豊富に含まれている。

【写真】実はスーパーフード!? カボチャの9つの健康効果

ナッツテイストで食べやすく、ナッツやアボカドに比べてコストが低いのもうれしいポイント!

「かぼちゃの種は、シリアルやサラダに入れて簡単に食事に取り入れることができます。オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるので、生理痛やほてりといった症状を軽減するほか、オメガ6脂肪酸を減らす働きにも優れています」と話すのは、栄養士のアンジェリーク・パナゴス。

「このような質の高い脂質を日常的に摂取していれば、ホルモンバランスや炎症、インスリン感受性、血糖値が安定してくるほか、甘いものが食べたい欲求を対処するのにも役立ちます」

実際にどのような効能があるのか、イギリス版ウィメンズヘルスから1つずつ見ていこう!

かぼちゃの種を食べるメリットとは?

----------

1.  老化の進行を遅らせる

かぼちゃの種に豊富に含まれるビタミンEとカロテノイドは、老化現象を引き起こす有害なフリーラジカルと戦う身体機能を助長してくれる。

2. 鬱々とした気分を改善する

かぼちゃの種に豊富に含まれるアミノ酸の一種「トリプトファン」は、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の前駆物質であるため、気分を高める効果がある。

3. マグネシウム濃度を上げる

かぼちゃの種に含まれるマグネシウムは、28gで1日あたりの推奨摂取量(RDA)の18%を満たしてくれるので、体内のマグネシウム濃度を上げるのに有効だとか。現代では、全体的にマグネシウム不足が目立ち、特に若い成人に多く見受けられているよう。このミネラルは、筋肉や神経、血圧や血糖、エネルギー、睡眠を含め、さまざまな身体機能に欠かせない栄養素であることを忘れずに。

4. 血糖値を下げる

かぼちゃの種に低血糖作用があることは、マウスを用いた動物実験だけでなく、人体実験でも証明されているよう。

5. 減量が期待できる

かぼちゃの種は、ダイエットの味方にもなってくれるとか。かぼちゃの種は、カロリーや脂肪分が特に低いわけでもないけれど、血糖値の安定させる働きがあるため、 間食しにくくなり、結果的に減量につながると考えられている。

1/2ページ

最終更新:2019/12/1(日) 21:00
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事