ここから本文です

沢尻エリカ、大河代役は「VFXで顔だけ差し替えればいい」説

2019/12/1(日) 11:30配信

週刊女性PRIME

 麻薬取締法違反の容疑で沢尻エリカ容疑者が逮捕されたことが世間を騒がせている。放送予定の大河ドラマを急遽降板になったり、元恋人のファッションデザイナーが逮捕されたりと次々と新しい情報が報じられるこのニュースについて、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんとともに考える。

【写真】クラブで奇妙な踊りをみせる沢尻エリカ、スナックを貪る片瀬那奈も

* * *

──沢尻さんは10年以上前から違法薬物を常用していたと供述し、衝撃を呼びました。合成麻薬MDMA以外にも大麻やコカイン、LSDなどといった薬物を複数使用していたそうです。

「本当にたくさんの報道がありましたよね。数年前、沢尻さんが周囲の人たちに“大麻使用はやめられないのか?”と咎められた際に『やめられない。これが私のライフスタイル』と答えたという記事を読んでつい、人気紀行番組『アナザースカイ』のキャッチコピー、“ここが私のアナザースカイ”を思い出してしまいました。彼女の場合、別の意味でのトリップになってしまっていますが……。

 ほかにクラブのパーティーで『エリカ、これやりなよ。今日もやっちゃいなよ』と言われ、『それじゃあ、いただきます』とコカインを鼻から吸引したという報道も。

 あれだけの大女優の沢尻さんも、実は元々は気が弱い性格だという話もありましたし、はじめはクラブ友達の輪を乱したくなくて、勧められるがままに吸ってしまった部分もあるのかもしれません。普通の人でいうところの、“お酒の席で友達にアルコールを勧められると断りにくい”状況と似ているのでしょうか」

片瀬那奈とフジロックの対談で……

──今回の沢尻さんの薬物報道に関しては、続報としてお付き合いしていた男性も逮捕されるという展開にもなりました。これだけ連日、新しい情報が報じられるのも珍しいことですよね。

「今回の報道で初めて知った言葉のなかに、『沢尻容疑者は別名「マメラー」』といったタイトルの記事もありました。つい“マメラー”とはどんな意味なのかを気になって読んでみたところ、“MDMA好きのジャンキー”という意味だそうです。こういう事件が起こるたびにクスリについてどんどん詳しくなっているような気がしてなりません。“マメラー”なんて別に知る必要のない言葉だったのに……」

──「どのクスリがどれだけの時間で体内から抜ける」といった情報も本来知らなくてもいいことですよね……。さらに、野外音楽イベント『フジロック』で音楽にあわせて奇妙な踊りを踊りながらLSDをキメていたという話も動画つきで報じられました。「フェス」や「クラブ」といった場所にも風評被害が広まってしまったかと。

「それでいえば過去に、普段から親交のある女優の片瀬那奈さんと『フジロック』について対談した記事で、“あると便利な持ちもの”というテーマのなか、沢尻さんは『携帯用の折りたたみイスがあるといい』とおっしゃってましたけど、本当の必需品はドラッグだったのかな……とか変な想像もしてしまいます。

 ほかにも、沢尻さんがクラブで踊っている動画もネット上で拡散されましたよね。イケてない感じのDJが流す単調な曲に、オーディエンスが虚ろに踊っているといったものでした。沢尻さんのダンスも絶妙ににダサかったです。なぜかシャワーキャップをかぶった人たちがフロアをウロウロしていたりと、ノリが変だという印象も……。東京や芸能界といったものに夢を抱いている若者があの動画をみたら、一瞬で幻滅するくらいの虚しさが詰まっていました」

──まさにそれはネット時代だからこその風評被害ですね。沢尻さんも『ハイパーメディアクリエイター』の前夫・高城剛さんとご結婚されていたときはしょっちゅう海外旅行に行かれたりと、もっとセレブなイメージがありました。

「本当はもっとセレブが集まるようなパーティに行きたかったのに、例の『別に』発言をはじめとした度重なる言動の数々により、段々と招かれなくなってしまったのでしょうか。華やかな世界に似た場所を探していくうちに段々とクラブの悪い部分に染まっていったというか……」

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 15:24
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ