ここから本文です

介護の現場にしゃしゃり出る財務省の"悪巧み"

12/1(日) 9:15配信

プレジデントオンライン

財務省が、介護の現場を取り仕切るケアマネジャーの報酬を利用者に負担させようと法改正を検討している。ケアマネに取材している相沢光一さんは「私の取材の感触だと、介護現場は猛反対している。財務省の方針は現場不在です」という。なぜ介護現場は反対しているのか――。

【この記事の画像を見る】

■「ケアマネ不足で介護難民が増える」は回避の見込み

 11月15日、厚生労働省は、「居宅介護支援事業所の管理者には主任ケアマネジャーを置かなければならない」という2018年の介護保険法改正の要件を緩和する旨を発表しました。

 前回の記事で取り上げた「問題点」が少し改善されたのです。ここで改めて法改正の問題点を要約すると次のようになります。

■厚労省の判断により2021年春に介護難民があふれずにすむ

----------
「介護保険サービスの質の向上を図るという理由から、介護をサービスする事業所の管理者は長い実務経験を持つ“主任ケアマネ”がいることを義務づける法改正が行われた(2018年)」
----------

 ↓

----------
「しかし現状、主任ケアマネがいる事業所は5割に満たない」
----------

 ↓

----------
「規定の移行(猶予)期間は2021年3月末までの3年間」
----------

 ↓

----------
「“主任”の資格取得には5年以上の実務経験が必要といった高いハードルがあり、改正法が施行される時点で主任ケアマネが確保できず廃業に追い込まれる事業所が続出する可能性がある」
----------

 ↓

----------
「その結果、ケアマネ不足が起き、介護難民が増える」
----------

 こうした懸念を厚労省は深刻に受け止めたようで、「主任ケアマネ以外が管理者である事業所は2026年までに、その要件を満たせばいい」と6年間の猶予を認めることが決まったのです。前回の記事は「2021年春に介護難民があふれる『人災』が起きるワケ」というタイトルでしたが、そうした事態はいったん回避できそうです。

■一方、財務省が介護利用者の負担を重くする法改正を画策中

 また、「主任ケアマネ」に次いで2021年に改正が行われると噂されていた「ケアマネの仕事に関しても利用者に負担してもらう」という規定も、この11月19日に見送られることが決まりました。

 ただ、これはあくまで先送りであり、福祉財源がひっ迫している状況下、次の介護保険法改正(2024年)では採決される可能性があります。こちらも利用者の経済的負担が重くなるのが確実な法改正。先送りによって当面は、その心配をする必要はなくなりましたが、利用者も内容を知っておいたほうがいいでしょう。

 今回は、この「ケアマネの仕事に費用発生」という案件の法改正には具体的にどのような問題があるのか、介護現場で働く人たちの声を交えて検証していきます。

1/5ページ

最終更新:12/1(日) 9:15
プレジデントオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事