ここから本文です

白と黒の「小物」を買うべきなのは、ニットが主役になる今!

2019/12/1(日) 17:00配信

GISELe

ニットが主役になる時期こそ、シャープに整う「白と黒」の小物が必要。ソフトな風合いに緊張感をもたらす白、きちんと感を強化するかっちりした黒。リラクシーな服をミニマムにそぎ落としつつ、気品を高める小物は、白と黒の中で見つかる。
※( )内の数字は、バッグのサイズで縦×横×マチ、靴はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。

白と黒の小物をぜんぶ見る


01.「整う白」には“角”が必要
クリーンな色みで意外と主張しがちな白小物。爪先や全体のフォルムがスクエア型の引き締め力の高い白なら、あらゆる服にまとまりよく、抜けをつくるのに好都合。

1.ミニスクエアポーチ(12×12×6) 3,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 角以外はふくらみがあるため、どこかやわらか。 2.切り替えシューズ(1) 82,000円+税/ジルサンダー(アクアガール渋谷) 明度の違う白のバイカラーでひそかに個性的。 3.トゥスクエア白ショートブーツ(5.5) 27,000円+税/Dhyana. 直線的な幅広トゥだと、ロングボトムからのぞくぐらいでもスマートな装いへとシフト。 4.ストラップつきバッグ(13.5×19.5×8) 15,800円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) ヴィンテージムードも漂わすトランク型。


02.「細く長い黒」を足元で効果的に
レースアップや細身のブーツなど、縦のラインをつくる細長いデザインは、さらにきゃしゃ見せに促す黒で採用。重たい服が多い今、足元でとり入れるとスレンダーな体のラインを想像させる一役に。

1.レッグウォーマー 10,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) ヒールを通せる小さい穴を設置。 2.黒パンプス(6.5) 22,000円+税/ダニエラアンドジェマ 3つのストラップでリズミカルに脚のラインを締める。 3.エナメルレースアップシューズ(2)(12月中旬展開予定) 24,000円+税/FURFUR(FURFUR ラフォーレ原宿店) アンクル丈で足首までほっそりと。 4.スエード黒ブーツ(5.5) 14,000円+税/31 Sons de mode(ヒロタ) ズレ防止のストラップつきなら長時間歩いても美形なまま。

レザーのロングブーツにハンサムなパンツをIN。シュッとした黒のラインで、センシュアルなムードも獲得。

GISELe編集部

最終更新:2019/12/1(日) 17:00
GISELe

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事