ここから本文です

【浦和】ほぼ残留決定で満足?3か月でリーグ戦わずか1勝という事実を忘れてはならない

12/1(日) 6:30配信

SOCCER DIGEST Web

敵地で上位に負けなかったと、前向きに捉えることはできるが

[J1・33節]FC東京1-1浦和/11月30日/味の素スタジアム

 浦和レッズは11月30日、33節のFC東京戦を1-1のドローとして、勝点1を上積み。残留に向けて前進した。

【PHOTO】2019シーズンのJリーグを鮮やかに彩るチアリーダーたち

 自動降格となる17位以下の2チームが決まり、13位の浦和が最終節でJ2チームとのプレーオフ行きになるのは、16位の湘南ベルマーレが18位の松本山雅FCに勝利し、かつ14位のサガン鳥栖と15位の清水エスパルスの直接対決が引き分けとなり、さらに浦和自身がガンバ大阪に11点差以上で負けた場合のみとなる。これだけの条件が揃うことは考えにくい。つまり、ほぼ残留を確定させたと言っていい。

 守護神の西川周作が「これで、ゼロで終わっていれば状況は変わっていた」と言うように、FC東京戦で敗れていれば、厳しい条件になっていた。「状況を少しでも良く出来たのはポジティブ」だという長澤和輝の言葉はそのとおりで、それだけFC東京戦の勝点1は価値あるものだった。

 大槻毅監督も試合後に「アウェーで、この緊張感のある舞台で勝点1を取れた。3で終われれば良かったが、1ならば少しでも積み上がっている。終わってみれば、勝点1で終わって良かったという心境。どちらにせよ、難しい試合だった」と、残留に近づいた安堵を語っている。
 
 たしかに敵地で上位に負けなかったと、前向きに捉えることはできる。しかし、勝てなかった事実は忘れてはいけない。

 ACLで勝ち上がっていたため、隠れがちだったが、国内リーグ戦での勝利は10月6日の清水戦までさかのぼる。さらに8月に入ってからの約3か月間で、その1勝しか挙げていないのである。

 FC東京戦でまたも露呈したのは、勝ち切れない勝負弱さだ。

 立ち上がりに連続で訪れたピンチを西川のビッグセーブでしのぐと、39分に相手の一瞬の隙を突き、マルティノスのゴールで先制。後半は余裕も生まれ、パスワークもスムーズになっていった。

 ところが、そのまま試合をクローズできないのが、今季の悪癖。69分のCKで、ゴール前の混戦から田川亨介に同点ゴールを叩き込まれてしまうのだ。

1/2ページ

最終更新:12/1(日) 6:52
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事