ここから本文です

久保建英が4人抜き突破など次々にチャンスを作り出すも…。決定力を欠いたマジョルカはベティスに1-2で敗戦

12/1(日) 4:25配信

SOCCER DIGEST Web

4試合連続のスタメン

 現地時間11月30日に行なわれたラ・リーガ第15節で、久保建英を擁する17位のマジョルカが、得意のホームにベティスを迎えた。注目の久保は、4-4-2の左サイドハーフで4試合連続のスタメンを飾った。

【動画】久保建英の圧巻4人抜きドリブルはこちら!

 7分にホアキンのPKで先制を許したマジョルカは13分、エリア内でパスを受けた久保が鋭い反転からシュートを放つも、GKにセーブされる。

 その後は両チームとも決定打を欠くなか、33分にベティスのフェキルにドリブル突破から左足のシュートを叩き込まれ、追加点を許す。

 マジョルカにビッグチャンスが訪れたのは55分。ダニ・ロドリゲスがエリア内で倒されPKを獲得。後半から入ったラーゴがこれを決めて1点を返す。

 これで勢いに乗ったマジョルカは、猛攻を仕掛ける。60分には左サイドを抉った久保の折り返しをライージョが、その1分後には久保の4人抜きの突破からダニ・ロドリゲスが狙うも、この決定機を決め切れない。

 日本代表MFは、その後も鋭いドリブルからラーゴに送ったパスなど、チャンスを作り出すも、味方が決定力を欠き、同点ゴールが奪えない。85分にはたまらず久保が自らミドルシュートを放つも、これもGKの好セーブに阻まれる。

 最後まで1点が遠かったマジョルカは、1-2で敗戦。前節のレバンテ戦と同スコアで連敗を喫した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:12/1(日) 6:42
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事