ここから本文です

小室圭さんへの怒りか…秋篠宮「最後通牒」の衝撃と美智子さまの心労

12/1(日) 7:01配信

現代ビジネス

ご結婚はすでに「無くなった」…?

 「秋篠宮さまと紀子さまは、眞子さまと小室さんのご結婚はすでに『無くなった』ものとお考えのようです。このご意向は眞子さまにも、紀子さまより伝えられています。

「ハイスペックすぎるプリンセス」雅子さまの苦悩

 眞子さまは、小室さんとは引き続き連絡を取り、小室家側の弁護士と相手の男性との話し合いの進捗をお尋ねになっているのですが、くだんの金銭トラブルに関しては平行線のままだというのです」(秋篠宮家に近しい関係者)

 11月30日、54歳の誕生日を迎えた秋篠宮の、恒例の記者会見での談話が明らかになった。

 何と言っても注目されたのは、長女・眞子さまとその「婚約内定者」である小室圭さんとの関係について、秋篠宮が何を語るかであった。

 昨年の誕生日会見。秋篠宮は、

 〈多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません〉〈結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべきだと思います〉

 こう述べて、小室さんを突き放した。

残された時間はあと2ヵ月

 世間はこの踏み込んだ表現に衝撃を受けた。秋篠宮からおふたりに対する、事実上の「婚約破棄」勧告であると受け止める国民も、少なくなかった。

 この発言の背景には、昨年2月に突如として宮内記者クラブで行われた、眞子さまと小室さんの「結婚延期」発表がある。

 このときの発表では、延期するのは東京五輪終了後をにらんだ「2年半」とされたが、今年の会見では、秋篠宮は新たな「期限」に触れた。

 それは、以前示されたものよりも短くなっていた。

 〈結婚の見通し、これについては私が昨年お話ししたことと変わっておりません。ただ、今質問にもありましたけれども、この次の2月で2年たつわけですね。やはりその、昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております〉

 やはり、二人の結婚を認めることはできない──その確信があるからこそ、秋篠宮はあと2カ月あまりに迫った「2020年2月」、つまりあの結婚延期から2年の節目に「なんらかのこと」を発表すると宣言したのである。

1/3ページ

最終更新:12/1(日) 10:20
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事