ここから本文です

久保建英、敗戦の中でも光るプレーにスペイン紙は高評価 両チーム最高タイの“2つ星”獲得

12/1(日) 9:30配信

Football ZONE web

ホームで1-2の敗戦も… 絶妙ラストパスに強烈ミドルも披露

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間11月30日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節のベティス戦でリーグ戦4試合連続の先発出場を果たしたものの、チームは1-2で敗れた。ただ、チャンスを数多く作った姿勢には現地紙から高評価を与えられている。

【動画】攻撃を牽引した久保建英にスペイン紙も高評価 「マジョルカ×ベティス」(1-2)ハイライト

 第13節ビジャレアル戦(3-1)でリーガ初ゴールをマークし、前節レバンテ戦(1-2)でもあわやPKとなる際どいボレーシュートを放った久保。ベティス戦でも右サイドハーフに入り、攻撃の火付け役としての期待を受けた。

 しかし試合は前半7分、ベティスの元スペイン代表MFホアキン・サンチェスに先制点を献上。前半33分にもフランス代表MFナビル・フェキルにミドルシュートを叩き込まれ、0-2とリードを広げられた。ホームで負けられないマジョルカは後半に攻勢を強め、同10分に獲得したPKを途中出場のMFラゴ・ジュニオールが冷静に沈めて1点差に詰め寄った。

 そのなかで久保はボールを受けつつ攻撃を組み立て、味方のシュートも演出する場面が多かった。後半29分にはカウンターから相手3人を引き付けるラストパスを通してラゴ・ジュニオールのチャンスを作り出し、同41分には敵陣でのドリブルから強烈なミドルシュートを放った。GKのファインセーブに阻まれたものの、攻撃で存在感を見せた。

 勝ち点を得られなかったことはチームにとって非常に痛いが、スペイン紙「マルカ」の採点で久保は高い評価を受けている。得点をマークしたラゴ・ジュニオール、MFダニ・ロドリゲスとともに3つ星満点中2つ星をマーク。勝利したベティスでも最高点はフェキルら2つ星で、この試合最高タイの評価となっている。マジョルカで地位を確立しつつある久保。今後はチームを勝利に導く仕事を見せたいところだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:12/1(日) 9:33
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事