ここから本文です

リバプール、GK退場でヒヤリも…。鉄壁CBのヘディング2発でマンCとの差を広げる

2019/12/1(日) 1:53配信

フットボールチャンネル

【リバプール 2-1 ブライトン プレミアリーグ第14節】

 プレミアリーグ第14節のリバプール対ブライトンが現地時間11月30日に行われた。試合は2-1でホームのリバプールが勝利を収めている。

【写真】リバプールも上位勢を多数輩出! 19/20サッカー選手能力値ランキング1位~100位

 マンチェスター・シティがニューカッスルとの試合を引き分けたことを受けて始まったこの一戦。首位リバプールとしては、最大のライバルとの勝ち点差を11に広げるチャンスで、立ち上がりから主導権を握る。

 18分、リバプールはセットプレーからファン・ダイクがヘディングで合わせて先制に成功。24分にはCKに再びファン・ダイクがヘディングで合わせ、CBの2得点でリードを奪う。

 しかし、順調に試合を進めていたリバプールは75分にアクシデント発生。ブライトンがロングフィードで裏を狙うと、ペナルティエリアを飛び出したGKアリソンが相手のシュートを意図的に手で防いでしまい、一発退場となる。

 すると、10人になったリバプールは、このFKで失点。代わって入ったGKアドリアンが壁に指示を出していると、ブライトンはダンクがその隙にシュート。がら空きとなっていたゴール左隅に蹴り込んだ。

 数的不利のリバプールは終盤押し込まれたが、10人で逃げ切りに成功。シティとの勝ち点差は11となった。

【得点者】
18分 1-0 ファン・ダイク(リバプール)
24分 2-0 ファン・ダイク(リバプール)
79分 2-1 ダンク(ブライトン)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2019/12/1(日) 1:53
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事