ここから本文です

2000年代流行語 中津江村、テツandトモ…当事者たちの今

2019/12/2(月) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 今でもライブの開始時に司会の方が私たちを紹介する際、『2003年、流行語大賞・年間大賞受賞!』と言ってくれるんですよ」

■2006年

【イナバウアー】

 トリノオリンピック唯一の金メダリスト、フィギュアスケートの荒川静香が得意とした技の名前。本来のイナバウアーよりも誇張した独特のポージングは多くの人が真似をした。荒川は現在、日本スケート連盟副会長などをつとめている。

■2008年

【グ~!】

 親指を立てて突き出すギャグで一世を風靡したエド・はるみ。まさか大賞を受賞するとは思っておらず、授賞式に3時間遅刻するというハプニングが起きた。彼女は昨年、慶応大学大学院の修士課程を修了した。

■2009年

【政権交代】
 8月に行なわれた衆院総選挙で、民主党が115から308と議席を大きく伸ばし政権交代を果たした。発足当初の政党支持率は70%を超えたが、消費税や沖縄米軍基地の普天間移設問題など政治課題に対処できず、民主党政権はわずか3年で幕を閉じた。

※週刊ポスト2019年12月13日号

3/3ページ

最終更新:2019/12/2(月) 18:12
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事