ここから本文です

文字入力の小さな罠! 意外とつまずきがちなポイント8【スマホの基本】

2019/12/2(月) 6:04配信

サライ.jp

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能があるのはわかっているものの、サライ世代の方からは、電話とカメラ、メール、LINE以外は使いこなせていないという声をよく聞きます。

そこで、今回もスマホのちょっと困った問題の解決方法を、スマホ講座なども行うプロ集団「女子部JAPAN(・v・)」がご紹介します。やりかたを知るだけで、スマホがとっても使いやすくなりますよ!

第7回のテーマは「文字入力の小さな罠!意外とつまずきがちなポイント8」です。

スマホのキーボードって、なかなか思い通りに入力できなくてイライラしませんか? ちょっとしたところの入力方法がわからなくて悩んでしまうことも。今回はiPhoneのキーボードを題材に、意外とつまずきがちな入力のポイント8つについて解説します。

1.英数字の変換

日本語のキーボードでは出てこない英数字を入力するときは、左側にある「ABC」というボタンをタップします。すると、アルファベットのほかに@や#などの記号が入力できるように。数字を入力したいときは、英字キーボードの状態で左側にある「☆123」をタップすればOK。

ひらがなに戻すときは、数字キーボードのときに左側にでてくる「あいう」をタップすれば、元のキーボードに戻ることができます。

2.英字の大文字の出し方

アルファベットを入力すると、デフォルト状態では小文字で入力されます。大文字にするには入れたい文字を入力したあと、左下にある「a/A」をタップするだけです。

3.ちいさい「っ」などの入れ方

小さい「っ」「ゃ」などを変換する際も、英字の大文字/小文字と同じ要領です。ひらがなキーボードの状態で、変換したい文字を入れた後、左下の「小」と書かれたところをタップします。

ちなみに濁点や半濁点を付ける場合も、同じところをタップすればOKです。

4.パソコンのようなキーボードに変える

iPhoneキーボードの左下端っこにある地球儀マークを押すと、パソコンのような並びのキーボードに変えることができます。元の配列に戻したいときは、同じように地球儀マークを押せば戻ります。

1/2ページ

最終更新:2019/12/2(月) 6:04
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事