ここから本文です

【RG-Γ伝】Vol.3「外装も変化して並列2気筒最終モデルとなった5型」RG250Γ(GJ21B)-1987- ~当時の貴重な資料で振り返る栄光のガンマ達~

2019/12/2(月) 11:50配信

webオートバイ

前後足まわりの仕様を新たにし外装も変化させた並列2気筒ガンマの最終モデル

1983年に初代が登場して以来、5年目を迎えたRG250Гは、この1987年型となる5型/RG250EWHをもってその役目を終え、90度V型2気筒を搭載するRGV250Гへとバトンを渡した。

RG250Γ(GJ21B)の写真を全て見る!(14枚)

先代である4型との相違点の多くは前後足まわりに集中しており、3本のスポークが並ぶ新しいホイールはフロントこそ従来と同じ16インチだが、リアは1インチ小さな17インチに置き換えられ、リム幅を拡大してタイヤを前後ともワンサイズずつ太くした。

正立式フロントフォークはφ38mmにインナーチューブを太くし、プリロード調整機構を持つのは同じだが、アンチノーズダイブ機構を廃止。キャリパーは同様にデカピストンだが、フロントディスクをφ275mmに大径化して制動力の向上を図る。

アンダーカウルからサイドカバーに連続するラインが特徴的な外装は基本を踏襲するが、フロントフェンダーやアンダーカウルなどの形状が異なっている。カラーリングはレッド×ブラックと、ブルー×ホワイトのツートーン2種、限定車のウォルター・ウルフバージョンだ。

全長/全幅/全高は2015/675/1170mmで、5mm長くなった以外は変化なし。ホイールベースは5mm長い1360mmとなるがシート高は735mmを維持する。

4型ではハーフカウルを選べたが、5型はフルカウル仕様のみで、価格は4型の同仕様から据え置きの48万9000円。ウォルター・ウルフは+2万円の50万9000円で、これは4型と同一。つけ加えると、白に2種の青を組み合わせた塗色はGSX-Rシリーズにも見られた。

新作ホイールに並ぶ3本のスポークは、進行方向となる面を曲面とした翼断面で走行時の空気抵抗を低減。後ろ側となる面を開放させることで重量を削減している。リム幅は、フロントが2.15→2.50、リアが2.15→3.00と拡大され、タイヤサイズはF:100/90→110/80、R:110/80→120/80とそれぞれワイドになった。

並列2気筒は変化しておらず、排気バルブはもちろんのこと、高い燃焼効率と耐久性を可能としたテーパー形状のピストンリングや、GPマシンからフィードバックしたフェージング材を使うクラッチ、フラットなスライドバルブを持つVM28SSキャブレターなども不変だ。

3型と4型のウォルター・ウルフ仕様で、2台の諸元はほぼ同じだが赤の帯がサイドカウルからテールカウルに向かって伸びる3型に対し、4型は外装の大部分を濃紺とし、シートや前後輪を赤としている。同様にWWバージョンながら印象は異なり、さらに4型では濃紺の部分をシルバーに変えたバリエーションも販売された。

5型にもウォルター・ウルフを用意。3/4型に比べて赤の部分を広くするなど意匠を改めており、さらに、車速/エンジン回転計の文字盤やメインキーにWのマークを与えて標準仕様との差別化を図っている。

オートバイ編集部

最終更新:2019/12/2(月) 11:50
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事