ここから本文です

「私は何もしていない…」タイソンに耳を噛みちぎられた名手が“事件”を回想!因縁と言われた関係性については…

12/2(月) 19:38配信

THE DIGEST

「私は何もしていない」と疑惑を一蹴

 それは後世に語り継がれる荒々しいファイトだった。

 今からおよそ22年前の1997年6月28日。当時、WBA世界ヘビー級王座に君臨していたイベンター・ホリフィールドは、宿敵のマイク・タイソンとの再戦に臨んでいた。

【動画】タイソンがホリフィールドの耳を噛みちぎった決定的瞬間はこちら

 1996年の対戦で11回TKO勝ちを収め、ヘビー級のチャンピオンベルトをホリフィールドに奪われていたタイソンが、ラスベガスで再び王座奪還に挑むとあって、その一挙手一投足は世間の大きな注目を集めていた。しかし、そんな世紀のマッチアップは、あらぬ結末を迎えることになる。

 試合前からメディアで大いに煽られ、激しい火花を散らしていた両雄は、リング上でもヒートアップ。そして2回に度重なるクリンチに苛立ったタイソンが、なんと、ホリフィールドの右耳の一部を噛みちぎってしまうのだ。

 レフェリーを務めていたミルズ・レーンは、ホリフィールド側のドクターが続行の判断を下したために試合を続けたが、タイソンが今度は相手の左耳を噛みちぎろうとしたため、試合は中止に。さらにリング上で乱闘騒ぎを起こした“鉄腕”は失格の処分を受けた。

 試合後も、目の上を切っていたタイソン側が、ホリフィールドがクリンチの際に頭突きを幾度となく見舞われたことを明かすなど、その決闘は物議を醸し続けた。

 それから時が経ち、ある意味で“被害者”とも言えるホリフィールドが、世界に衝撃を与えた『耳噛み事件』をアメリカのボクシング専門メディア『World Boxing News』で回想した。

 還暦目前の57歳となったかつての名手は、当時、指摘されたタイソンに対する頭突きについて、「私は何もしていないよ」と語った。

「当時、周囲からも、『タイソンとの第2戦であんたは頭突きをした』と言われたよ。でも、私は何もしていない。頭を前に乗り出すようなこともしていなければ、わざと体重をもたれかけるようなこともね。これが全てさ。ただ、二人が同時にパンチを繰り出した時に、互いの頭がぶつかったことがあったのは確かだ。

 だが、誰かが“ヘッドバッター”だと言おうとも、私は故意に頭突きをするような人間じゃない。むしろ、最初の戦いではタイソンの方が明らかに飛び跳ねて、私に頭突きをしてきていたよ」

 激闘のなかで生じた疑惑を一蹴したホリフィールドは、その一戦から因縁の間柄と言われてきたタイソンとの関係性については、どう思っているのか。

1/2ページ

最終更新:12/2(月) 19:38
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事