ここから本文です

世界で最も聴かれているクラシック作曲家、ルドヴィコ・エイナウディが来年4月に来日

2019/12/2(月) 12:00配信

Rolling Stone Japan

多数の映画音楽/CM楽曲を手掛け、絶大な人気を誇るイタリアの作曲家/ピアニスト、ルドヴィコ・エイナウディの来日公演が2020年4月に東京・大阪で開催される。

写真3点|世界で最も聴かれているクラシック作曲家、ルドヴィコ・エイナウディが来年4月に来日

ルドヴィコ・エイナウディは1955年イタリア・トリノ生まれ。イタリアの現代音楽の作曲家ルチアーノ・ベリオに師事し、88年にアルバム・デビュー。世界で最もストリーミングされているクラシック作曲家で、その再生回数は5億3千万回以上。クラシックをベースに、民族音楽、ロック/ポップス、フォーク、エレクトロなどの要素を取り入れた美しい旋律のミニマル・ミュージックは幅広い世代のリスナーの支持を獲得している。

また、映画、ダンス、CMなど多方面でも活躍。2016年6月に北極海の氷河の前に設置された氷上の舞台で、北極海の自然保護を求めて特別に作曲した「北極に捧げるエレジー(Elegy for the Arctic)」を演奏し大きな話題となり、この動画の再生回数は1100万回を超えている。2017年に公開された映画「3度目の殺人」(主演・福山雅治&監督・是枝裕和)では第41回日本アカデミー賞 優秀音楽賞を受賞。2019年発表した最新アルバム「セブン・デイズ・ウォーキング」は、エイナウディ自身が冬山を歩いたときにインスピレーションを得て作曲された作品で、7カ月間に渡って7つのアルバムがリリースされた。

2003年以降はライヴも積極的にこなし、これまでにミラノ・スカラ座やロイヤル・アルバート・ホールなど、ヨーロッパの主要ホールに出演。初来日は2008年。その後も2011年、2014年、2017年、2018年とコンスタントに来日公演を行なっている。

---

ルドヴィコ・エイナウディ 来日公演2020

【東京】
2020年4月14日(火)
東京国際フォーラム ホールC
18:30開場/19:00開演 

【大阪】
2020年4月16日(木)
いずみホール
18:30開場/ 19:00開演  

チケット:¥11,000(全席指定・税込)
一般発売:12月21日(土)

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:2019/12/2(月) 12:00
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事