ここから本文です

【NBA】八村塁、自己最多30得点と大爆発 大坂なおみ観戦、V候補相手に豪快ダンクも披露

12/2(月) 14:55配信

THE ANSWER

レナード、ジョージら擁する敵地クリッパーズ戦で躍動

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が1日(日本時間2日)の敵地クリッパーズ戦に開幕18試合連続でスタメン出場。カワイ・レナードやポール・ジョージ擁する優勝候補相手に自己最多を更新する30得点、9リバウンド、3アシスト、1スティールをマーク。チームは125-150で敗れ、西カンファレンスのロード4連戦を1勝3敗で終えた。

【画像】大坂が噂の恋人と八村観戦していた! NBA公式が“激写”した1枚は…米話題となっている“ラブラブ2ショット”の実際の写真

「日系アメリカ人文化ナイト」と題されたこの試合。大坂なおみも観戦に訪れる中、八村は対戦するのが「楽しみな選手」と自身が話していたカワイ・レナードとマッチアップ。最初のシュートとなった3Pがリングにはじかれたものの、直後に得意のプルアップジャンパーを沈めた。第1クォーター(Q)残り3分31秒からは、この試合をモリツ・ワグナーが怪我で欠場した影響により、センターとしてプレー。その後もコートに立ち続け、第1Qでベンチに下がることなく12分間プレー、9得点4リバウンドを記録した。

 第2Q残り7分3秒にトーマス・ブライアントとの交代で、センターとして再びコートに立った八村は、アイゼア・トーマスのアシストから豪快ダンクを決めて2試合連続の2桁得点に乗せる。しかし、ウィザーズはクリッパーズオフェンスを止められず、ジョージには前半だけで27得点を許し、57-82と大差をつけられて試合を折り返した。

 八村は後半開始早々3Pシュートを成功させると、ミドルレンジからのジャンパーも沈めてチームに勢いをもたらす。止まらない背番号8は鋭いドライブからのレイアップを決めて、9試合ぶり今季4度目の20点超え。その後も得点を重ね、第3Q残り2分39秒にブラッドリー・ビールからのパスを受けてレイアップシュートを沈め、10月31日のロケッツ戦(23得点)を抜き、自身最多となる24得点に到達。1試合でのフィールドゴール成功数も11本とし、自己最多記録を更新し、第3Q終了時点で27得点とした。

 第4Qもさらにスコアを伸ばし、30得点の大台に乗せた八村。チームは敗れたが、優勝候補の強豪相手に存在感を発揮し、ドラフト1巡目ルーキーの印象を敵地に色濃く残した。

THE ANSWER編集部

最終更新:12/3(火) 9:02
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事