ここから本文です

世界最高の左ウインガーは誰だ!LWG能力値ランキング16位~20位、期待の新鋭から期待外れのマンU勢がランクイン! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

2019/12/2(月) 7:00配信

フットボールチャンネル

20位:セビージャ期待の新加入選手

MF:ルーカス・オカンポス(アルゼンチン代表/セビージャ)
生年月日:1994年7月11日(25歳)
昨季リーグ戦成績:34試合4得点8アシスト(マルセイユ)
市場価格:1500万ユーロ(約18億円)

 今夏にマルセイユからセビージャに移籍をしたルーカス・オカンポス。新加入ながら早くも主力の座を掴み、セビージャの中心選手になっている。

 オカンポスはバランス型の選手で能力値を見ても、どの項目もバランスが取れているのがわかる。両足でボールを操ることに長けているため、縦への突破と中へのカットインどちらを選択しても決定的となるパスの供給やシュートを打つことが出来る。相手選手にとっては両足を警戒しなければならないため厄介な相手だ。またサイドの選手に見られがちなフィジカルの弱さも感じさせない。守備への貢献も決して低いわけではないため、攻守でハードワークが出来るのも魅力的だ。

 チームへの貢献度が高いオカンポスだが、イエローカードをもらう試合が多い選手でもある。昨季はマルセイユで34試合に出場して11枚のイエローカードを貰っており、今季も既に5枚以上貰っている。守備意識が高いため仕方ないことだが、クリーンな試合を心掛けたい。

19位:オランダの新鋭

FW:ステフェン・ベルフハイン (オランダ代表/PSV)
生年月日:1997年10月8日(22歳)
昨季リーグ戦成績:33試合14得点12アシスト
市場価格:3500万ユーロ(約42億円)

 日本代表の堂安律も所属するPSVで今、最も注目を集めている選手がFWステン・ベルバインだ。まだ22歳の新鋭は昨季、33試合14得点12アシストの素晴らしい活躍を見せた。

 ベルフハインはスピードを生かしたドリブルを得意としている。前にスペースがあるとそこを突くドリブルを見せる。決定力も高くボックスの外からでもコースを狙ったシュートを打つことが出来る。さらにパスセンスも良く昨シーズンは12アシストを記録した。ドリブルからラストパスに繋げることが出来るのは、単にパスセンスがあるからというだけでなく、視野の広さも関係している。22歳という若さで三拍子揃った攻撃の中心選手なのだ。

 まだこれからに期待がかかる選手だが、既に多くのビッグクラブが関心を示していると言われている。この男のこれからに注目だ。

1/3ページ

最終更新:2019/12/2(月) 7:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事