ここから本文です

ビートたけし「おい、刀出せ!」と恫喝…元弟子が語る森社長「吊し上げ糾弾会」

12/2(月) 8:01配信

デイリー新潮

ビートたけし、軍団が「森社長」吊し上げ糾弾会(1/2)

 ビートたけし(72)は「愛人」に幻惑されている。たけしの運転手を務めてきた人物が、本誌(「週刊新潮」)11月21号でその詳細を実名告発した。にもかかわらず、たけし側は相変わらず真実に蓋をしようとしている……。元運転手の告発第2弾では、たけしによる「恫喝」が明らかにされる。

【音声】たけし、「刀出せ!」の激高

 ***

「おい、刀出せ!」

 あの時、殿は間違いなく、この物騒な言葉を口にしました。

 2018年2月11日、東京都世田谷区にある殿の自宅兼事務所、通称「等々力ベース」。軍団と会計士ら約10人を引き連れ、殿は叫んでいました。

「なめてんじゃねーぞ、コノヤロー!」

 森昌行さん(当時「オフィス北野」社長)を取り囲んでの糾弾会。絶叫しながら森さんを吊し上げる殿は、もはや「正常」ではありませんでした。そして実際に木の棒を手にし、森さんに殴りかかろうとしたのです。

「テメエ、いい加減にしろよ、コノヤロー‼」

 軍団も入り乱れての阿鼻叫喚。私は咄嗟に殿を羽交い締めにし、殿が右手に握りしめていた「武器」を取り上げ、放り投げました。

 殿は変わってしまった。もう昔の殿ではない。全ては「あの日」に始まったのです。殿が「彼女」と出会ったあの日から――。

〈こう証言するのは石塚康介さん、41歳だ。本誌は11月21日号で《10年来の「弟子」が実名告発! 殿「ビートたけし」を幻惑する「18歳年下愛人」の手練手管》と題した記事を掲載したが、彼はその告発の主である。

 第1弾の内容をおさらいしておくと、2010年に「殿」ことたけしに弟子入りし、翌年6月から8年間、たけしの運転手を務めてきた石塚さんは、たけしの愛人とされてきた「彼女」、横井喜代子氏(仮名)のパワハラに耐えかね、今年7月30日にたけしのもとを去った。

 そして10月23日、そのパワハラによって自律神経失調症を患った石塚さんは、横井氏と、たけしが代表取締役を務め、彼女も取締役に名を連ねる「T.Nゴン」を相手に、1千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 石塚さんは横井氏の理不尽な言動の数々、また彼女がたけしを「幻惑」している様子を詳細に語った。それはまさに、運転手としてたけしを間近で見続けてきた人物ならではの、微に入り細を穿(うが)つ生々しい告発だった。

 しかし、本誌の報道を受け、T.Nゴンは《報道機関各位》と題したコメントを発表し、石塚さんの告発内容は事実に反するとの主張を展開した。だが、そこには事実に反することの具体的な根拠は何ら示されていなかった。

 このコメントに対する石塚さんの反論は(2)で紹介するが、まずは石塚さんがたけしと横井氏の関係、そして「森糾弾会」について続ける。〉

1/3ページ

最終更新:12/2(月) 15:17
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ