ここから本文です

巨人「陽岱鋼」が年俸3億円で契約更改にファンから異論噴出 中島裕之にも厳しい視線

12/2(月) 5:58配信

デイリー新潮

 巨人の陽岱鋼外野手(32)は11月26日に球団と契約更改を行ったが、これが巨人ファンのブーイングを浴びている。同日のサンケイスポーツ(電子版)「巨人・陽岱鋼、現状維持の3億円で更改『悔しいシーズン』」から契約内容を引用させていただく。

【写真】鈴木コーチの「重婚」ショット

***

《東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5年契約4年目となる来季へ現状維持の年俸3億円でサインした(金額は推定)。

「優勝については素直にうれしい。レギュラーでやっていかないといけないと思った。悔しいシーズンだった」

 今季は巨人移籍後では最多の110試合に出場したが、先発起用の減少に伴い移籍後最少の231打席に止まり、打率・274、4本塁打、21打点。盗塁は15試合の出場だった2009年以来の「0」だった。》(註:デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)

 一方、今季503打席、打率・284、13本塁打、55打点、盗塁9の記録を残した亀井義行(37)の契約更改はどうだったのだろうか。

 念のため陽と記録を比較してみよう。亀井の打席数は2・1倍、打率は1・03倍、本塁打は3・25倍、打点は2・61倍、盗塁は0に対して9――――打者としての成績は全ての面で亀井が陽を上回った。

 この成績を踏まえ、NHK NEWS WEBに掲載された「巨人 亀井が契約更改 推定4000万円アップで年俸初の1億円突破」をご覧いただこう。

《プロ野球・巨人のベテラン、37歳の亀井善行選手が推定で4000万円アップの年俸1億1000万円で来シーズンの契約を更改しプロ15年目で初めて1億円の大台を突破しました》

 個人成績は全て上回った亀井だが、なぜか年俸だけは、陽の3分の1と逆転されてしまうのだ。これにはネット上でも異論が相次いだ。ツイッターから引用させていただく。

《陽岱鋼が3億なら、亀井さんは10億やで》

《高木京介3000万 メルセデス1100万 陽岱鋼3億 亀井1億1000万》

《陽岱鋼が「僕は3億に相応しくありません。僕の3億は亀井さんに全てあげてください、僕は5000万くらいで十分です」こんなこと言ったら陽岱鋼の一生ファンやってやるわ》

《陽岱鋼が3億は流石に草 外野は丸も亀井もいて居場所なくて代打要員でも代走要員でも微妙なのにただベンチにいるだけで3億もらえるんか》

1/3ページ

最終更新:12/2(月) 15:18
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事