ここから本文です

「ディオール」メンズのキム・ジョーンズ、「ステューシー」創業者とコラボ

2019/12/2(月) 22:00配信

WWD JAPAN.com

「ディオール(DIOR)」のキム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ アーティスティック・ディレクターは、12月3日にマイアミで発表する2020年プレ・フォール・コレクションで、「ステューシー(STUSSY)」創業者のショーン・ステューシー(Shawn Stussy)と協業する。

【画像】「ディオール」メンズのキム・ジョーンズ、「ステューシー」創業者とコラボ

キムはこれまでに空山基、カウズ(KAWS)、レイモンド・ペティボン(Raymond Pettibon)、ダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)らの現代美術家とコラボレーションをしている。「ステューシー」は1980年代初めにカリフォルニアで設立されたストリートブランドで、サーフボードシェイバーであったステューシー創業者の手による独自のフォントをプリントしたアイテムが人気を集めた。同氏は96年に同ブランドを離れた後、2010年に「エスダブル(S/DOUBLE)」を立ち上げているが、あまり表舞台で活動していなかった。

今回のコラボレーションは、キムが「ステューシー」の大ファンだったことから実現したという。「ティーンエージャーの頃、私は頭のてっぺんから爪先まで『ステューシー』のアイテムを身に着けていた。本当に、本当に、本当に大好きで、もはや取りつかれているかのような勢いで買っていた。ショーンが描く文字は独自のものであり、それはアートだと思う。彼のようなアーティストと協業できて、とても光栄だ」と語った。

ステューシー創業者は、「私はこれまでさまざまな誘いを断ってきたが、しっくりくるものを待っていたのだと思う。キムはちょうどいいタイミングで声をかけてくれた。最後にもう一度表舞台に出るなら、ブランドの中でもトップクラスである『ディオール』以上の相手はいない。キムにもブランドにも心から敬意を抱いているし、今回のコラボレーションはキムをキャプテンとする若い世代にバトンを渡しているような気持ちだ」と話した。

1/2ページ

最終更新:2019/12/2(月) 22:00
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事