ここから本文です

美少女アイドルグループ・リリバリの尾野寺みさが憧れるアイドル「せめてジャンプの高さだけでも百田夏菜子ちゃんに近付けるようになりたいです(笑)」

2019/12/2(月) 17:00配信

週プレNEWS

近い将来、女優やモデルといったさまざまな分野の最前線で活躍していくであろう10代の美少女たち。週プレNEWS&週プレモバイルでは、そんな彼女たちの魅力を知ってもらうべく、撮り下ろし&インタビューシリーズ『微熱少女』を連載中だ。

【画像】「リリバリ」のエース・尾野寺みさを撮り下ろし

第28回に登場するのは、5人組のアイドルユニット「Lily of the valley(リリー・オブザ・バリー)」の尾野寺みさちゃん! 2018年夏の結成ながら、今年は「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(TIF)のメインステージ争奪戦にも名を連ねるなど、着実に支持を集めているグループのエースだ。

この通称「リリバリ」のみさちゃんは今回、微熱少女の掲載に合わせてデジタル写真集『微熱少女デジタル写真集 vol.005 尾野寺みさ』も発売中。インタビュー前編に続き、そのフレッシュな魅力を撮り下ろし写真と共にお届けする。

――前編ではリリバリでのデビューまで、事務所に所属していたもののオーディションに中々通らなかったり、そこまでたくさん活動できていたわけではないということをお聞きしました。そもそも事務所に入ったきっかけはスカウトですよね?

尾野寺 小学校6年生のときです。家族と一緒にいたら、ずっと後ろからついて来る人がいたので、「ヤバい人がいる......」と最初はビビってました(笑)。でも、お話を聞いてみたら興味を惹かれて。お母さんからも、「どうしてもやりたいなら、やってみたら?」と後押ししてもらえたので、そこから今に至ります。

――最初はモデルになろうとして、オーディションに応募したとか。

尾野寺 そうなんですよ。でも結局、身長制限で引っ掛かってしまったんです。ただ、私としてはモデルよりも女優さんになりたかったんですよね。

――それはスカウトされる前から?

尾野寺 いえ、スカウトされてから、そういう道もあるんだって意識するようになりました。それまではフィギュアスケーターになりたかったんです。浅田真央ちゃんがあこがれの存在でした。『情熱大陸』を観ていたら、真央ちゃんは最初クラシックバレエから習い始めたと知って、私もやるようになったんです。でも、小学校5年生のときにスケートをする機会があって滑ったときに、フィギュアスケートは危ないってことに気付いて......。

――フィギュアスケートは危ない?

尾野寺 滑って転ぶから(笑)。自分にはできないってことを痛感させられました。事務所にスカウトされたのは、そうやってちょうど将来の夢がなくなったタイミングだったんですよ。

1/3ページ

最終更新:2019/12/2(月) 17:00
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事