ここから本文です

徹底的に効率化し、スキマ時間に脚本の執筆活動も。米Lifehackerニック・ダグラスさんの仕事術

12/3(火) 16:01配信

ライフハッカー[日本版]

敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。今回は米Lifehackerの舞台裏で活躍するスタッフライター、ニック・ダグラス(Nick Douglas)さんの仕事術です。

【全画像をみる】徹底的に効率化し、スキマ時間に脚本の執筆活動も。米Lifehackerニック・ダグラスさんの仕事術

居住地:ニューヨーク市郊外のパーク・スロープに住み、ニューヨーク市内のタイムズ・スクエアに通勤。

現在の職業:米Lifehackerのスタッフ・ライター

現在のPC:自宅と職場ではMacBook Pro。コーヒーショップでは古いAir。

現在の携帯端末:iPhone 11 Pro。これで子どもの写真を撮ります。

仕事の仕方を一言で言うと:独自性

── まず、略歴と現在の仕事に至るまでの経緯を教えていただけますか?

この質問には去年ほとんど答えたので、今回はパスします。

── 仕事の内容を教えてください

私は1日に2~3つ米Lifehackerの記事を書いています。ニュースが報じられるとそれに応じて急いで書くものもありますが、多くは事前に計画して書いています。

公式な担当分野はありませんが、エンターテイメントとカルチャーが専門です。具体的には、書籍、映画、音楽、ポッドキャスト、テーブルトップロールプレイングゲームなどです。

Featured Playlist、Hack Your City、How I Workなどの定期的な特集をいくつか担当しています。『How I Work』シリーズでは、年に1度、自分以外の米Lifehackerのスタッフ全員の仕事術の記事を編集します。

たまに米Lifehackerの『Upgrade』というポッドキャストのゲストにもなります。『How to Win Over a Cat』など、米Lifehackerのビデオにはたくさん出演しています 。

── 最近の1日の流れを教えてください

朝は、娘(まだ赤ちゃんです)に早く起こされない限り、7時に起きて、妻と一緒に子どもの相手をします。

1時間ぐらいすると子守をしてくれるナニーが来るので、2人とも仕事に出かけることができます。地下鉄のB系統かQ系統に乗って、通勤中は電子書籍を読んだりポッドキャストを聞いたりゲームをします。

毎朝Bagel Bossのカートから1.25ドルのコーヒーを買います。売り子の女性は誰がどんな注文をするか全部把握しているんです。

9時ちょっと前にオフィスに着くと、Slackとメールをチェックして、新しい記事のネタがあるとSlackで発表します。

その日自分がどんな記事を書くかその時点で既にわかっていることもありますが、新しい記事が浮かぶこともよくあります。

今春タイムズ・スクエアにオフィスが移転して以来、新オフィスではずっと好天に恵まれてきました。ランチはたいてい道端のカートやスタンドで買い、ブライアント・パークでオーディオ・ドラマを聴きながら食べます。

トークショーと違って物語を聴くと、ちょっとした息抜きになります。たまに、自分でもオーディオ・ドラマを書いたりしています。

今週は、チームで毎年恒例のEvil Weekのブレストをしました。毎年みんなで「十分悪魔的だけれど悪魔的すぎない」落としどころを見つけようとしています。Evil Weekで公開されることは何であれ、1年中読者の目に触れるからです。

家で子守をしてくれているナニーを帰さないといけないので、夕方5時15分ごろオフィスを出ます。妻と私は娘と2~3時間過ごしてから寝かしつけ、その後は2人で寝る時間までテレビを見ます。

ただし、どちらか片方が夜に外出する用事があるときは、もう片方が1人で子どもの面倒を見ます。

1/4ページ

最終更新:12/3(火) 16:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事