ここから本文です

いよいよ90年代に突入!人気沸騰の「ニンジャ」と「カタナ」もマイナーチェンジ!【日本バイク100年史 Vol.048】

2019/12/3(火) 6:31配信

webオートバイ

(1990年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

日本バイク100年史の写真を全て見る(19枚)

カワサキGPZ900R 1990 年

登場から6年を経ても色褪せない性能と、独特のスタイルの魅力もあって、根強く支持されていたGPZ900R。細かな改良を受け続けて完成度も高まっていった。90年モデルは型式がA7となり、初のビッグマイナーチェンジを受ける。フロントホイールが17インチ化され、ブレーキやフロントフォークなどの足まわりも強化された。

スズキGSX1100S カタナ1990 年

斬新なスタイリングがインパクトを与えて、登場以来ファンを惹き付けて止まないGSX1100Sカタナ。1990年式はスズキの創業70周年を記念したモデルで、ブレーキレバーやホースなどを変更。70thアニバーサリーステッカーやキーホルダーが付いた限定1000台のデリバリーで、一時はプレミア価格が付くほどの人気に、その後通常モデルとして発売された。

ヤマハ FZR1000 1990 年

ヤマハレーサーレプリカのフラッグシップ。750ccクラスに匹敵するコンパクトな車体で、軽快なハンドリングを実現。90年モデルはカラー変更のみ。

スズキ GSX-R1100 1990 年

ライバルたちと同様、当時最大排気量のGSX-R1100も倒立フォークを採用。同時に足まわりを中心に大幅な改良を敢行。

スズキ GSX1100G 1990 年

油冷GSXシリーズの中ではレアな存在のオーソドックスなネイキッド。6本スポークのキャストホイールを採用するシャフトドライブ車。

オートバイ編集部

最終更新:2019/12/3(火) 6:31
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事