ここから本文です

V6坂本交際の朝海ひかるとは 元宝塚雪組トップでオスカル役も

12/3(火) 0:00配信

女性自身

V6・坂本昌行(48)に訪れたロマンス――。元宝塚トップ女優の朝海ひかる(年齢非公表)と真剣交際をスタートさせたと、本誌の取材でわかった。

【写真あり】散歩後に坂本の愛犬ペチョを慣れた手つきで抱える朝海

昨年11月の舞台『TOP HAT』での共演をきっかけに、交際をスタート。11月中旬に愛犬との散歩デートをしていたほか、その2週間後にも坂本の自宅からそれぞれ別々に出てくるところを本誌は目撃している。坂本の愛犬・ペチョも朝海になつくなど、2人の絆は深まっているようだった。

「朝海さんは91年に宝塚歌劇団に入団。華やかな容姿とダンスで男役として人気を博し、02年には雪組のトップスターに就任しました。在団中は『風と共に去りぬ』のスカーレットや『ベルサイユのばら』のオスカルといった宝塚を代表する役を数多く演じています。06年に退団し、その後は舞台を中心に活躍。『ローマの休日』のアン王女役などさまざまな作品でメインキャストを好演していました」(宝塚関係者)

2人の出会いは、昨年11月。坂本が主演した舞台『TOP HAT』での共演がきっかけだったという。

同舞台の会見で、記者から「私生活については聞くつもりがないです」といじられた際に、坂本は「なんにもないんです、ごめんなさい」と語っていた。しかし、その裏で朝海との“自宅愛”を1年にわたって育んでいたのだ。

さらに、2人には“意外な共通点”があった。

「宝塚歌劇団には若手だけで行う新人公演があり、そこで主演を務めることがトップになる条件といわれています。しかし朝海さんはそこで主演を務めることができなかったにもかかわらず、トップになった唯一の人。上級生のときに当たり役を演じて、そこから必死に努力してトップに上りつめたそうです。坂本さんも一度は事務所を辞めてサラリーマンとして働いた末に、V6として当時史上最年長デビューを果たすなど長い下積み期間を過ごしてきました。2人とも苦労しながらたたき上げで今の地位を築いているということもあり、同志のように信頼し合っているそうです」(舞台関係者)

固い絆で結ばれた2人の仲はまだまだ続いていきそうだ――。

最終更新:12/3(火) 1:08
女性自身

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事