ここから本文です

【意外と知らない】ダンプカーの荷台に書かれている地名や数字の意味とは

12/3(火) 6:20配信

WEB CARTOP

土砂などを運ぶダンプカーに義務付けられる

 ダンプカーの後ろを走るのはよくあることだが、その荷台に地名と数字を組み合わせたものが書かれている。しかも大きいのだが、ナンバープレートを読みやすくするために大きくしてあるのかと思うと、別の地名だったり、数字だったりする。もちろん意味があるものなので、今回はわかりやすく解説しよう。

なぜトラックやバスのホイールはナットの数が多いのか

 まずこれは「土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法」に基づいて、表示が定められているもの。いわゆるダンプ法やダンプ規制法と呼ばれる法律なのだが、すべてのダンプに義務があるわけではなく、土砂を運ぶものに限ってのものとなっている。

問題が起きたときにナンバーが汚れで見えないことを防ぐため

 土砂に限っている理由は、ダンプカーの暴走行為が問題になった際、ナンバーが汚れていて見えず、摘発できなかったから。そもそもナンバープレートでは見えづらいので、荷台の左右と後ろに大きく書くようになったという経緯がある。それぞれ固有のものなので、ナンバーと同じく、身元を特定することができる。ちなみに土砂とは、土と砂だけでなく、石やコンクリート、レンガなども含まれる。

 表示のパターンは地名/(●)/数字で、地名と数字はわかるだろう。真ん中の●部分には事業内容、つまり使用用途を表す、漢字ひと文字が入る。

 営=運送

 販=砂利販売

 採=砂利採取

 建=建設

 砕=砕石

 石=採石

 他=産業廃棄物業などのその他

 となる。確かに荷台まわりが汚れそうな業種ばかりで、大きく明示するのは効果的だろう。身元が大きく書かれているだけでも、ダンプカーのマナーは大きく変わってくる。

近藤暁史

最終更新:12/3(火) 6:20
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事