ここから本文です

2019年上期の全世界販売台数トップはVWグループ! トヨタや日産でも勝てない強さの秘密とは

12/3(火) 7:03配信

WEB CARTOP

VWグループの強さの秘密はブランド数の多さ!

 世界市場で、2019年上期にもっとも多くのクルマを売ったのは独フォルクスワーゲングループ(VW)グループだった。その数、536万5300台。次いで、トヨタグループが531万1806万台で、僅差で日産グループが追う展開だ。近年、こうした販売台数争いではVW vs トヨタの図式となっているが、VWはじつに粘り強い。

世界のベンチマークVWゴルフに匹敵する国産コンパクトカー4台!

 では、その粘り強さの秘密は何か? 大きく2つあると思う。

 ひとつは、ブランド数の多さだ。VWグループの中核はもちろん、フォルクスワーゲン。そこから横展開しているのが、チェコをベースとするシュコダと、スペインをベースとするセアトだ。日本では馴染みがないブランドだが、欧州内では「庶民のクルマ」としてすっかり定着している。プラットフォーム(車体)やパワートレインをフォルクスワーゲンと共有化したうえで、フォルクスワーゲンとは違ったテイストのエクステリア・インテリアデザインを施す。

 以前は、フォルクスワーゲンと比べて走りの質感があきらかに低い印象があった。製造コスト削減がはっきりと分かったということだ。だが最近のシュコダとセアトは、フォルクスワーゲン同等の走りの品質になってきた。また、ラリーやレースにもワークス参戦しており、スポーティイメージもつき始めている。

 そして、お馴染みのアウディ。最近、日本市場ではボルボなどに少々押され気味だが、世界市場で見るとやはりトップクラスのプレミアムブランドとして確実な需要がある。こうしたフォルクスワーゲン、シュコダ、セアト、アウディを乗用車の軸足とした上で、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレーというスーパープレミアムブランドを展開する。トヨタや日産に比べて、明らかにブランド数が多くモデルバリエーションが豊富。これがVWグループの強さの秘密、その1だ。

世界各地で強い販売力を持っている

 もうひとつの秘密が、どの仕向け地でも販売力があるということだ。仕向け地とは、自動車業界用語で、販売する国を指す。VWグループの主戦場はもちろん欧州。次いで、中国で強い。70年代~80年代、トヨタなど日系メーカー各社が中国のカントリーリスクを懸念して本格的な中国投資に踏み切れなかった段階で、VWグループは中国政府関係者とのパイプを強めて一気に投資を行った。そうした先行投資が、2000年代以降の中国市場の急激拡大によってVWグループに多大なる利益をもたらした。

 ただし、VWグループにも弱さはある。アメリカ市場では近年、日系メーカーや韓国メーカーの牙城を崩せていない。東南アジアでも同じだ。そうした中でVWグループが躍起になっているのが、EVシフトだ。トヨタ、日産、そしてホンダよりも明らかにEVシフトへのスピード感が早い。EVシフトへの先行投資もすでに6兆円を超えている。これが吉と出るか凶と出るか?

 VW vs トヨタの競争、さまざまな視点で今後も続きそうだ。

桃田健史

最終更新:12/3(火) 7:03
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事