ここから本文です

注目のイケメンシンガー、チャーリー・プースに関する5つのこと

12/3(火) 18:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

大人気イケメンシンガーソングライターのチャーリー・プースが、12月2日で28歳に。歌だけでなくプロデュースもこなす、2010年代を代表するシンガーとなった彼にまつわるさまざまな事実をご紹介しよう。

【写真】こちらもイケメン! トロイ・シヴァンについて知っておきたい20のこと

母の教えで音楽を知る

アメリカ・ニュージャージー州出身、現在はLAをベースにシンガーソングライターとして大活躍中のチャーリー・プース。本名はチャールズ・オットー・プース・ジュニア(Charles Otto Puth Jr)で、1991年12月2日生まれ。

母デブラ(写真左)は音楽教師で、『SATC』や『ゲーム・オブ・スローンズ』で知られるアメリカの放送局HBOのコマーシャル曲も作曲した人物。そんな母に4歳からクラシックやジャズ、ピアノなどを教わったチャーリーは、絶対音感を身につけている。いっぽう父親チャールズは不動産エージェント。スティーブンとミカエラという双子の弟&妹がおり、スティーブンはチャーリーの初期の曲『One Call Away』にも登場している。

トレードマークは眉毛

チャーリーといえば、甘い歌声以外にもユニークな右の眉毛がトレードマーク。実はこれ、2歳の頃(1992年)に黒いラブラドール・レトリバーに噛まれてできた傷跡で、なんと400針も縫ったそう……! 熱心なファンのなかには、彼の眉毛に似せて自分の眉毛を剃る人もいるのだとか。

大好物はピザ

CNNのインタビューによると、好きな食べ物はマルゲリータピザ。苦手なものは人ごみ。ないと生きていけないものは家族。ロック界の大御所ブルース・スプリングスティーンといつかコラボレートするのが夢で、「もし歌手になっていなかったら、インテリアデザイナーになっていた」とのこと。

有名校で音楽を学ぶ

幼い頃には音楽にハマりすぎていじめられたこともあるというチャーリーだが、ボストンの名門音楽大学バークリーに進み、音楽制作と工学を専攻。2013年に卒業している。成績も優秀で、奨学金で学ぶことができたそう!

日本が大好き

2018年には、初の単独来日公演『ヴォイスノーツ・ジャパン・ツアー』を実施。本来2日間のはずが、大反響により追加公演を含む計3日間で行われた。チケットは全日完売で、大盛況。公演の合間には日本への愛を語り、「日本は地球で最も好きな場所」だとも公言。次なる来日公演も楽しみに待ちたい!

今後ますますその歌声を耳にすることが増えていくであろうチャーリー。その活躍を、温かく見守ってみて。

最終更新:12/3(火) 18:20
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事