ここから本文です

韓国オーディション番組にまたも疑惑 アイドルの次は韓国演歌

2019/12/3(火) 17:23配信

ニューズウィーク日本版

アイドルのオーディション番組でファン投票数の操作が問題となった韓国。今度は演歌の人気番組で疑惑が──

今年5月の放送開始前から「2019年K-POP界最大の大型新人が誕生する」と前評判が高かったケーブルテレビ局Mnetのオーディション番組『プロデュースX101』。だが、番組終了直後から視聴者投票の獲得点数が操作されているという疑惑がもち上がり、最終的には警察がプロデューサー2人を逮捕。過去のシリーズ作品も含めて点数操作が自白される事態となり、大きな社会問題になった。

[動画] アイドルばりのカワイイ子も登場した「ミス・トロット」

そんな韓国で、今年もうひとつ大きな話題となった音楽オーディション番組があった。保守系新聞「朝鮮日報」系列のケーブルテレビ局朝鮮放送が今年3~5月に放送した『明日はミス・トロット』だ。この番組は、素人からお笑いタレント、無名の若手歌手まで、さまざまな経歴のメンバーが出場、トロットの歌唱力で優勝を目指すというものだ。

<トロットとは>

さて、この「トロット」、聞きなれない方も多いはずだ。トロットとは、1940年代後半から始まったとされる韓国歌謡のジャンルの一つで、日本では「韓国演歌」とも呼ばれている。ただ、日本で演歌というとスローテンポな曲を想像しがちだが、トロットは日本の演歌に比べると、アップテンポでリズミカルな曲も多い。

過去には日本でも韓国の演歌歌手が活躍した時代があった。紅白歌合戦に3回出場したキム・ヨンジャや、日本でも多くのヒット曲を発表した桂銀淑などが代表的だろう。しかし、その後演歌衰退とともに段々と姿を消していった。

一方、韓国でのトロット人気はというと、やはり90年代にアイドルブームの到来とともに音楽界で脇役の存在となっていった。ところが、2000年代に入ると若者受けするアップテンポな曲や若手歌手が数多く登場、トロットは再ブレイクした。特に2004年チャン・ユンジョンの曲『オモナ』は老若男女からの支持を受け大ヒット。LGの携帯電話のCMに起用されるほどだった。その後も2009年アイドルグループからソロのトロット歌手に転向したホン・ジニョンの『愛のバッテリー』がヒットするなど、「ネオ・トロット時代の到来」と呼ばれた。

1/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 19:58
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事