ここから本文です

5人分の服がすっきり。こんまり流で生まれ変わったクローゼット

12/3(火) 21:10配信

ESSE-online

「ときめくものだけを残す」という片づけメソッドが、世界中で支持されている“こんまり”こと近藤麻理恵さん。
「わが家も、こんまりメソッドで生まれ変わりました」と話す佐藤江利子さんのお宅を取材。クローゼットのビフォアアフターを見せてもらいました。

こんまりさんの「片づけノート」が衝撃!サクサク片づいた

荒れ放題だった家が、こんまりメソッドですっきり片づいた

好きなものに囲まれ、360度”ときめき”で満たされた佐藤家。数年前まで荒れ放題だった場所が、ここまですっきりしたのは、こんまりさんの本がきっかけでした。

「こんまりさんに出合うまでは、片づかないことを家族のせいにしてたんです。子どもが小さいから仕方ない、言ってるのに片づけてくれない…って。でも本を読み、私も家や物に対して雑な扱いをしていたな、と気づいたんです。家族を変える前に自分が変わらなければ、と“こんまり片づけ”を始めました」

最終的に45リットルのゴミ袋50袋分を処分した佐藤さん。”要・不要を決める”という作業で、驚くほど気持ちが前向きになったと言います。

「私にもできる!と自信がつき、家族からは笑顔が増えたと言われました。夫や子どもも家で過ごす時間が増え、以前よりも家族の距離が縮まったように思います」

家族の片づけやすさを重要視。クローゼットの扉をはずし、家族5人分の服をオープンに収納

佐藤家のクローゼットは、どこになにがあるか一目瞭然!
「扉を外し、オープン収納にしています。左から夫、私、長男、長女…と、人別に縦割りにし、各自で管理しやすくしました。引き出しには、名前の頭文字と用途を書いた紙を内側に入れ、ラベル&中身の目隠しにしています」

こちらの写真は以前のクローゼット。着たい服を探すのに何十分もかかるうえ、取り出してもシワシワでアイロンがけが必要な状態でした…。

●洋服と靴下は立てて収納

洋服は畳んで立てるのが、こんまりさん流。

「目当ての服が見つけやすく、広げてもシワになりにくいんです。きれいに並んだ姿を見ると、気分も上がります」
同様に靴下も、丸めずに畳んで収納。
「こんまりさんを見習い、靴下も丁寧に畳むようにしています。ひと目で柄がわかり、探す手間がなくなりました」

1/2ページ

最終更新:12/3(火) 21:10
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事