ここから本文です

優等生政治家ブルームバーグに足りないもの

12/3(火) 18:12配信

ニューズウィーク日本版

<優れたリーダーシップで「ニューヨーク400年の歴史上最高の市長」と評され、その中道のスタンスから本選でトランプに勝てる可能性が高いといわれるが>

民主主義を信じる人々は、民意と指導者の力量が一致してほしいと期待する。一致しなければ、凡人や扇動家、あるいは暴君が国を率いることになりかねない。

しかし、ドナルド・トランプ米大統領は約3年間で、腐敗と大言壮語といかさまが民主主義の理想に勝ることと、あらゆる社会にとって最大の危機は、その社会固有の矛盾であることを証明した。

アメリカの連邦主義は、地方の白人の保守派の有権者が、都会の人種的に多様な穏健派や進歩主義の有権者より、常に優勢であるという構図をつくり出した。アメリカの有権者の3分の2は毎朝、不満とともに目覚めている。世界で9番目の富豪マイケル・ブルームバーグが、民主党から来年の米大統領選に出馬すると聞いて(28人目の出馬宣言だ)、まず疑念や怒りが湧いてくるのも無理はない。

とはいえ、ブルームバーグがニューヨークの400年の歴史の中で最高の市長だったことや、優れたリーダーシップの持ち主であることは、多くの識者が認めている。さらに重要なのは、本選で勝てる希望がある、ということだ。

成功する有能な政治指導者は、複雑な組織をマネジメントして、不可欠だが矛盾する目的(例えば、軍事と経済)を両立させるという経験が必要だ。党派対立の圧力に負けず、個人的な利益を優先させたい誘惑に打ち勝つ資質や、本当に重要で実現可能な問題を見極める判断力も求められる。

その全てを兼ね備える指導者が、合理主義者が理想とする理想国家の君主「哲人王」だ。ただし、民主主義において、政治的なリーダーシップと政治的な手段を切り離すことは不可能だ。だからこそ、気が付けばソロモン王ではなくトランプがアメリカを率いている。

<大統領候補者として理性的過ぎ?>

ブルームバーグは市長として成功したし、少なくとも平均的な人格と判断力を持ち合わせているようだ。政治スキルに関しては、指導者として専制的になりがちだと言われている。もっとも、さまざまな欠点も選挙運動に数十億ドルをつぎ込めば帳消しになる。

ブルームバーグを推す人々に言わせれば、民主党候補として最も重要なのは、トランプに勝てることだ。エリザベス・ウォーレン上院議員やバーニー・サンダース上院議員など左寄りの候補者より、穏健派のほうが本選で勝てる可能性は高い。

1/2ページ

最終更新:12/3(火) 18:12
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事