ここから本文です

肝斑、そばかす・・・女の人生に現れる“シミ”問題に立ち向かう運命の美容液

2019/12/3(火) 20:06配信

集英社ハピプラニュース

アンケートで寄せられたマリソル読者のお悩みに、4人の美容のプロが“運命の1本”を熱血チョイス

40代のおすすめスキンケア一覧

☆ご相談
頬の肝斑が、少しずつ濃くなってきて、恐怖です!
「頬にムラムラッと広がる肝斑が出て、約1 年。だんだん濃くなってきています。肝斑は、シミの中でも消すのがむずかしいんですよね? 消すまでは望みませんが、これ以上は濃くしたくない! 何を使えばいいですか?」(食品・37歳)

Answer
あきらめず、心地のよい 美白ケア、続けましょう!
右)「肝斑は、ホルモン由来のことが多いので根本解決がむずかしいのですが、出てきたものはメラニンなので、美白ケアは続ける価値があります。肝斑は摩擦刺激でも濃くなるので、なじませる時は押し込むように優しいタッチで」(美容ジャーナリスト 小田ユイコさん)。美白有効成分コウジ酸の力で、頬に広がるシミをケア。ホワイトロジスト ブライト エクスプレス(医薬部外品)40ml¥15,000/コスメデコルテ

左)「肝斑のように頬に広がるシミには、『点』だけでなく『面』のアプローチも必要です。製薬会社ならではの美白なら、『言うことを聞かない』シミに力を発揮。透明感やハリ感をアップし、肌の質感を向上させることも、肝斑ケアには重要です」(美容エディター 松本千登世さん)。美白有効成分コウジ酸配合。光治療発想で、定着シミを封印。エピステーム ホワイトフォトショット 50ml¥13,000/ロート製薬

☆ご相談
出産後、目もとや鼻まわりのそばかすが急増してしまって…
「出産後、ホルモンバランスが変わったせいかシミが出現! 目もとや鼻まわりのそばかすも急激に増えました。でも美容医療には頼りたくなくて……。少しでも小さく、薄くするにはどうすればいいですか?」(アパレル・39歳)

Answer
日中も美白を! 24時間態勢で効果を持続させて
右)「そばかすを食い止めるには、24時間美白することが重要。日中と夜、それぞれの肌に適したペアなら、それが可能! 日中用は、メイク前はもちろん、メイクの上からでもそばかすをケア」(マリソルエディター ハラチノ)。日中用は集中美白、夜用はターンオーバーを促進する、2本セット。レーヌブランシュ ターゲティッドプログラム デイ(医薬部外品)12ml・ナイト1.75ml¥9,500/ロクシタンジャポン

左)「コンシーラータイプの美容液は、気になるそばかすをカバーしながら美白もできて、一挙両得です。携帯にも便利です」(美容エディター 松本千登世さん)。美白有効成分4MSK配合。目もとや鼻まわりなどにフィットする柔らかな肌あたりのアプリケーター。ホワイトルーセント  オンメーキャップ スポッツコレクティング セラム(医薬部外品)SPF25/PA+++ 全3色¥4,200/SHISEIDO

1/2ページ

最終更新:2019/12/3(火) 20:06
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事