ここから本文です

『可愛いお金持ちを目指すなら、環境を変えること!』宮本佳実の「#年収1000万円ガール」になるまで

2019/12/3(火) 21:10配信

with online

一歩踏み出してみたら拍子抜けするほど簡単!

「異業種交流会ってできる人しかいなそう……」「自分なんて相手にしてもらえないかも……」私も新しい環境に踏み出す前はとてもナーバスになってしまうこともありました。でも、最初の一歩は勇気がいりますが「えいっ!」といざ踏み出してみると、拍子抜けするぐらい簡単だったりするものなのです。

私は4年前に初めて書籍を出版しましたが、それまでは作家さんや編集者の方、出版業界の知り合いは一人もいませんでした。それに「出版業界」という世界が全く見当もつかず、まるで雲の上の存在に感じていたので勝手に委縮していたのです。「怖い人たちばかりだったらどうしよう……」とまで思っていました。

でも、実際に自分が書籍を出版してみると、編集者の方達はみんな優しく、何も知らない私にたくさんのことをアドバイスしてくれました。そこでの振る舞いや考え方を身近に感じながら、今ではたくさんの出版業界の人たちと繋がりを持っています。こんなことは4年前の自分では全く考えられないことでした! だからこそ、私はたくさんの人に勇気を出して一歩踏み出してもらいたいと思っているのです。

豊かな人は人の悪口を言う人も少ない!

起業してからの今は、私の周りにはたくさんの「豊かな人たち」がいます。これは最近気が付いたのですが、豊かな人は考え方にも余裕があり、人の悪口を言ったりする人がとても少ないように感じるのです。

きっと自分が満たされているから、人のことを妬んだり、羨んだり、比べたりする必要がないのだと思います。だからこそお付き合いをしていてとても心地がいいですし、私に優しくしてくれる分、私も優しい気持ちになれます。

みなさんの周りはどうですか? 会社でいつも上司の悪口ばかり聞いていると、いつの間にか自分も悪口に参加していたという経験はありませんか? それが自分でも気が付かないうちに“環境に染まる”ということです。もし、そういった環境の中で「違和感を感じるな」と思ったら、新しい環境に一歩踏み出すサイン。ぜひ、「なりたい自分」をすでに叶えているような人がたくさんいる環境へ身を動かしてみましょう。

だって、自分がなりたい人生は、自分が好きなように自由に選べるのですから!

2/3ページ

最終更新:2019/12/3(火) 21:10
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事