ここから本文です

婚活アドバイザー植草美幸『東京と地方の婚活格差!? 大切なのは場所ではなく意識を変えること』【婚活戦略女子】

2019/12/3(火) 21:40配信

with online

初婚平均年齢は高止まり傾向

こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸です。

みなさん、女性の初婚平均年齢をご存じかしら? 厚生労働省がまとめている直近のデータでは29.4歳。ちなみに男性は31.1歳。都道府県別に見てみると、東京が一番高く30.5歳、2番目に高いのは神奈川で30.0歳。次いで京都、高知の順に続きます。この20年間で女性の初婚平均年齢は3歳以上上昇しているものの、近年は高止まりの傾向にあるといえるわね。

【婚活戦略女子】記事一覧はこちら

マリーミーの会員は東京の方だけではなく地方の方もいらっしゃるので、私も折を見て、その会員のお住まいの土地まで行くことがあるのだけれど、東京と地方では婚活事情に大きな差を感じることも。名古屋や大阪、福岡などの都市部とは大差がないけれど、小さな町では会員の意識はもちろん、結婚相談所も体をなしていないような状況のところもあって、5年、10年と長々と婚活している会員さんもいるほど。

婚活は短期集中が基本! 今回は栃木県在住の女性の全国を股にかけたマッチングケースをご紹介します。

CASE 女性35歳・保育士 × 男性43歳・会社経営

栃木県在住のこの女性はマリーミーに入会する前、地元の婚活イベントに積極的に参加。ところが、その婚活イベントに来た男性陣の中には、農作業着のまま長靴姿で参加する人もいて、がっかりしたと言います。この女性の周辺は20代で結婚している人がほとんどだったようで「地元では早くお嫁に行かないと売れ残っちゃう。新しい出会いがないんです」とマリーミーを訪れました。

3県にまたがっての同時進行交際

保育士という仕事は場所を選ばずできることから、この女性は地域を絞らず、それ以外の条件を重視してお相手選びをスタート。

日本結婚相談所連盟(IBJ)や日本ブライダル連盟(BIU)といった結婚相談所の連盟に所属している結婚相談所では、全国の所属している結婚相談所のすべての会員からお相手を選ぶことができるの。その数は約10万人。

女性はマッチングが成立した十数人の男性とお見合いをして、岡山県と長野県、そして同じ栃木県在住の男性と交際することに。男性が栃木に来ることもあれば、女性がお相手のそれぞれの住まいの土地まで行ったり、中間地点で落ち合ったり。これまでお付き合いした男性とは、地元のショッピングモールでデートが定番だったようだから、打って変わって費用や労力はかかるけれど、婚活デートは小旅行気分で新鮮だったよう。

1/2ページ

最終更新:2019/12/3(火) 21:40
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事