ここから本文です

『FNS歌謡祭』出演の三代目 J SOUL BROTHERS、“RAISE THE FLAG” 3部作に見る現在の音楽的モード

12/3(火) 13:06配信

リアルサウンド

 12月11日にニューシングル『冬空 / White Wings』のリリースを控える三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)が、12月4日放送の『2019FNS歌謡祭』第1夜(フジテレビ系)に出演する。

 メンバーそれぞれのソロ活動に注力した2018年を経て、2019年は“再始動”を宣言した三代目JSB。“赤”、“白”、“青”の3つの世界観を音楽で表現していく“RAISE THE FLAG”というテーマを元日に掲げると、3月には“青”を表現した1年3カ月ぶりの新曲「Yes we are」、8月には“赤”を表現した「SCARLET」を発表した。

 「Yes we are」はRYUJI IMAICHIとHIROOMI TOSAKAが共作の作詞に参加しており、高揚感に溢れたエレクトロ要素の強いトラックにのせて〈未完成の人生踊るように〉、〈軌跡の点と点つなぎ合わせた Love/闇に羽ばたいて虹をかけるから〉とグループの結束やアップグレードし続けるモードを示し、同じく三代目JSBのポップスで表現される“青”のイメージに近い「R.Y.U.S.E.I.」や「O.R.I.O.N.」に続く三代目JSBの新たなアンセムとなった。

 また「SCARLET」は、海外クリエイターやプロデューサーとタッグを組んで新境地を切り開くような楽曲で、豪快なサウンドと切なさや儚さが融合したアッパーバラード。この曲でタッグを組んだのはデヴィッド・ゲッタやアリアナ・グランデをはじめとする数々のアーティストの楽曲をプロデュースしてきたジョルジオ・タインフォートと、三代目JSBの「Summer Madness」を手がけた世界的な音楽プロデューサー/DJであるAfrojackだ。三代目JSBにとってAfrojackとのコラボレーションは、グループの音楽性を確立させる大きなターニングポイントとなった。というのも、「Summer Madness」のようなサビにインストを持ってくるEDM的要素が加わったことにより、「歌」「ダンス」「サウンド」それぞれを引き立たせる部分が1曲の中に凝縮。三代目JSBがこの手法を使ったことにより、EXILE TRIBEの音楽をよりワールドワイドな表現へと広げたとも言えるのではないだろうか。「SCARLET」の構成も、同じく音を抜く部分とビルドアップしていく部分が絶妙な高揚感と興奮を生み出している。

 そして先日MVも公開された“白”を表現した最新シングル『冬空 / White Wings』。MVにはメンバー直々にオファーを受けたEXILE AKIRAと林志玲夫妻が出演しリリース前からすでに多くの話題を呼んでいるが、2曲の世界観が交差する「冬空」「White Wings」は、“RAISE THE FLAG”で前述した2曲とは趣を変えた壮大なバラードに。しかし、色気と哀愁が漂う三代目JSBらしい魅力がたっぷり詰まった楽曲に仕上がっている。

1/2ページ

最終更新:12/3(火) 13:06
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事