ここから本文です

東野圭吾の3作品が選出 TSUTAYAプロデュースの“既刊発掘プロジェクト” 11-12月

12/3(火) 18:21配信

リアルサウンド

 TSUTAYAがプロデュースする“既刊発掘プロジェクト”の2019年11・12月作品として、東野圭吾の『十字屋敷のピエロ』、『ある閉ざされた雪の山荘で』、『プラチナデータ』の3作品が選出され、全国のTSUTAYAにて展開されている。

 『十字屋敷のピエロ』『ある閉ざされた雪の山荘で』の2作品は、「寒い冬、コーヒーや紅茶を片手に温かい部屋で、ゆったりと読書を楽しんでほしい」という想いで11-12月の既刊発掘プロジェクト作品に選出された。

 『プラチナデータ』は、2010年に単行本発売、2013年に映画化され話題となった作品。単行本発売当初は「近代SF」と称されていたが、現在においては令和という時代をリアルに感じさせ、当初とは異なる感情が揺さぶられる。

リアルサウンド編集部

最終更新:12/3(火) 18:21
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事